たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

<手帳>継続させるコツ② フォーマットにこだわらないで好きなように書こう!!

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180620170659j:image

手帳ブロガーのムンタ隊員(@muntanote)です。

 

みなさんは

手帳を継続させることはできていますか?

 

私は飽きっぽい性格で、また空白ができると続かなくなります。

なので、1年絶たずしてお蔵入りになった手帳がいくつもあります。

 

・何故、続かないのか?

・空白ができてしまうのか?

 

この2つを考えた時に1つの答えが導きだされました。

 

それは

「フォーマットが固定だから続かない」

 

それならば、様々な書き方や使い方をすれば続くのではないか?

という答えに導かれました。

 

結果から言うと、これが「吉」でした。

 

 

1 1冊の手帳の中に様々な使い方やページがあってもよい

手帳には様々な種類がありますよね。

 

その中のバーチカルタイプ、レフト式、ウィークリーなど手帳に合ったフォーマットが決まっていると思います。

 

そして、フォーマットが決まっていると

「そのフォーマットの書き方」について検索したりしませんか?

(例えば、ジブン手帳の場合はバーチカルタイプなのでバーチカルの使い方を調べるなど)

 

もちろん、使い方を知るのはダメなわけではありません。

バーチカルにはバーチカルのおススメの使い方があります。

 

ただ、その時に

「この手帳はこの使い方が良い」と決めつけてしまうのは勿体ないなと感じます。

 

・バーチカルタイプだから、時間軸に沿って書く。

・ライフログを書く。 

 

それらを書きやすい(見やすい)ようなフォーマットではありますが、それだけしか書いてはいけないルールはありません。

 

その手帳はあなたの手帳なんですから、書きたいように書いていい!!

ということを言いたい。

 

バーチカルタイプの手帳でも

・イラストを描く

・日記を書く

・ToDoリストを書く

 

自分が使いたいように使ってよいんです!

その中で、しっくりくる書き方を見つけるのも手帳を楽しむ1つの手段です。

 

 

2  色々な人の手帳を見てみよう!

 

様々な書き方をしよう!

と言っても、そんなに書き方を知らない。

 

という人は調べましょう!

 

・ネット(SNSやブログ)

・雑誌

・本

 

手帳術に関する本も色々と出ているので、手帳を使う意味を考える時などは「手帳術」の本を見ると勉強になります。

 

それ以外の書き方や可愛くしたいという方は「SNSやブログ」をおススメします。

 

いくつか参考にしたサイトがあるので載せておきます。

(主に可愛くしたい。見栄えをよくしたいという方におススメ)

 

【手帳】気になるイマドキ女子大生の手帳を完全公開!|JGS

やはり、女子は描いている内容や描き方が可愛いですね。可愛いということは「見やすさ」も重視されているものが多いので参考になります。

 

 

インスタの「#手帳の中身」で見つけた!おしゃれさんの手帳テク - LOCARI(ロカリ)

インスタはやはり「インスタ映え」と言うだけあり、オシャレの一言につきます。

ただ、オシャレだけど、この書き方を真似るのは中々難しい・・・ 

 

the360.life - 【手帳の書き方】かわいいく続けられる! おすすめ文房具4アイテム

手書きが苦手なら文房具を使って可愛く見させればいい!!

 

 

ほぼ日手帳のテンプレートを使って、手帳を簡単に可愛く、見栄えをよくする方法 - たのてちょう

私のブログですが(笑)たった1つのテンプレートを使うだけで簡単に見た目よくできるので本当におススメです

 

3  手帳を見返すために「楽しく書く」気持ちを大切にしよう

 

 私が参考にさせてもらって、いいなと思うものは共通点があります。

 

それは見ていて「ワクワクするもの」

 

手帳って(SNSに載せない限り)自分で書いて見返すものです。

 

いざ、見返した時に

①きっちり書いているけど見ていてつまらない

②多少、大雑把だけど見返して楽しいもの

 

おそらく①よりも②の方が「見返す」頻度は高くなります。

手帳は見返してこそのものです。

書いておしまいというわけではないです。

 

①の場合、見返した時に内容は分かります。

でも、それだとただの流れ作業になってしまいます。

 

②であれば、見返した時に「楽しい」ので、その時の情景が思い浮かべやすい。

 

どちらが正解というわけではないのですが、個人的に「情景が思い浮かべられる」方がまた見返したくなるページなので、より何回も読み、理解が深まりやすいと思っています。

 

 

4 私の過去の手帳の中身

 

f:id:muntanote:20180620164407j:image

他のノートに書いた落書きを切り張りしています(笑)

<ほぼ日手帳オリジナル>


f:id:muntanote:20180620164441j:image

ライフログとメモ

基本的に文字だけだと、見返す時にどこに何が書いているか分かりにくい。

このページであれば、ちょっとしたイラストに目がいきやすくなります。

 

<関連ページ>

手帳にキャラクターを描いて、楽しい手帳へ! - たのてちょう

 


f:id:muntanote:20180620164422j:image

ノートに日記

旅行に行ったときの日記とメモ。

チケットを貼っておくことで、どこに行ったかを分かりやすく!

そして、右にメモ(入場料など)を書いておくと次回行った時の役立ち情報となります。


f:id:muntanote:20180620164453j:image

バーチカルタイプに日記とイラスト。

少しでも自分が見返したくなるように書いていました。

<ジブン手帳>


f:id:muntanote:20180620164413j:image

簡単なライフログ。

番号とToDoリストをリンク。ただ、あちこち見ないといけないのが難点。




f:id:muntanote:20180620164433j:image

文具を使いながら書いています。

個人的にこのページはお気に入り!!

ただ、結構書くのに時間がかかった。そして、気に入りながらも続けることができなかったというオチです。

 

 

再度言いますが、手帳は何をどのように書いてもよいものです。

その時に「自分で見返したときにワクワクするもの」に仕上がるようにしていくことをお勧めします!!

 

 

おわり