たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

<バレットジャーナル>マンスリーシールを使った書き方

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20181202005939p:image

ども!ムンタ隊員です。

 

以前の記事でバレットジャーナルの書き方について書いた時にも

マンスリーページについて書いたのですが、少し書き方を変えてみました。

 

<関連記事>

バレットジャーナルの書き方!簡単な使い方を目指す! - たのてちょう

 前までは

・左にマンスリーシールを貼ってた

・右にはその月の予定の詳細を書いてた

 

だったものが、現在は

・右にマンスリーシールを貼っている

・左にその月の目標や反省の記入

にしています。

 

 

1 マンスリーシールを使った記入の仕方

 

基本的にはマンスリーシールに書いてある内容は以前と変わりません。

 

・必要な情報を最小限に書いています

 

f:id:muntanote:20181201231436j:image

(こんな感じに)

 

・何故、右のページにシールを貼ったのか

個人的な意見になりますが、ページを開いた時に右のページがすぐに目に入るからです。

 

・左のページには「目標」「反省」の記入

今までは予定の詳細を書いていましたが

・バーチカル式

・レフト式

を他のページで取り入れるようにしたので、詳細はそこに書くようにしました。

 

<関連記事>

<手帳術>バレットジャーナルで自分だけのオリジナルページを作った!その名も「バーチカルレフト式タイプ」 - たのてちょう

 

上記の写真では、まだ書いていませんが、これから

・その月の目標

を書いていきます。

 

2 可愛いマンスリーページを作りたいなら「シール」やテンプレートを使うとオススメ

 

私は基本的にシンプルに書いていますが

・可愛くしたい

・見栄えをよくしたい

 

などがあればシールを使ったり、ほぼ日のテンプレートを使うことで

簡単に!可愛く!仕上げることができます。

 

(試しに貼ってみました)

f:id:muntanote:20181202005952j:image

センスは感じられませんが(笑)少しでも貼ると簡単にデコレーションができるのでおススメです。

 

<合わせて読みたい>

ほぼ日手帳のテンプレートを使って「簡単で可愛い手帳」の書き方 - たのてちょう

 

3 ペンの色の種類は3色がおススメ!でも、基本的に書くペンの種類は1種類で十分

 

マンスリーの1ページの中に

・プライベート

・仕事

・その他

の予定等を書くと思います。

 

その際に、細かく色分けをしている人がいますが、私的にはお勧めしません。

 

何故か?

 

1 ペンの色で悩む時間が無駄

2 即書かないといけない状態で、ペンの入れ替えをしている暇はない

3 インクの替えが面倒くさい

 

の3つの理由があるからです。

私も1度、4~5種類くらいに分けて書いたことがありましたが

「この予定はプライベートに属する?でも、仕事も入っているしな・・・」

とその悩む時間が勿体ないのと、考えるのが面倒くさくなってしまいました、

 

さらに、外で書く時にも、色分けのためにペンの種類の入れ替えをするのも面倒くさい。

 

で、結局は続かなかったということです。

 

今は

・プライベート

・仕事

・その他(ブログ、手帳)

の3種類に分けています。

 

厳密に言うと基本は2種類で書いています。

予め分かっている仕事の予定等は色分けしていますが、例えばブログや手帳など急なもの(仕事含む)に関しては「茶色(プライベート用)」で書いてます。

 

そして、後で「緑(その他)や青(仕事)」のペンで書いた内容を○で囲むことをしています。

 

結果、ペンの色で文字を書いたか、囲い線を書いたかの違いだけです。

視覚的には囲い線んでも「青=仕事」とすぐに理解できるので、わざわざ色を変えて書く必要もないなと思います。

f:id:muntanote:20181202010009j:image

何なら、基本的に書く時は1色で書いて、後で見直しながら色分けしていく方法もあります。

これなら、どのページを見返したかしていないかも分かるし、書くのも楽ですよね。

 

 

4 まとめ

私は基本的に「簡単」を目指しています。

 

なので、もっと可愛くしたい!凝りたい!

という人はインスタ映えしそうなくらい書けばいいと思います。

 

ただ、出来るだけ簡単に書いて、継続させたいと思う方には参考にして頂ければなと思っています。

 

おわり