たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

「ごめんなさい」を子どもに教えたがるのは何故?

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20181024151033j:image

ども!ムンタ隊員です。

 

いけないことをした時に言う言葉

「ごめんなさい」

 

謝ることは時として、大事なことはわかるけど

子どもに教え込まないといけないほど、大事な言葉??

 

ということについて考えていきたいと思います。

 

1 子どもへの「ごめんなさい」の強要と「ごめんなさい」の種類

 

いけないことをしたら、ごめんさい。

 

友だちを叩いたら「ごめんなさい」

友だちに嫌いと言ったら「ごめんなさい」

 

確かに、相手に嫌な思いをさせてしまったら、謝ることは大事です。

でも、子どもって「ごめんなさい」という気持ちは理解しているけど、時に素直に出ない時もあります。

 

その時に「ごめんなさいって謝りなさい」と強要する。

 

私としては「何で?」と思ってしまう時があります。

確かに嫌な思いをさせたのはよくない。

 

でも、それ以前に相手が先に何かやったよね?

という場合でも強要させる場合があります。

 

それは

「互いが仲良くいるため」

 

そして

「ごめんね」→「いいよ」

 

という定型文ができてくる。

 

この場合の「ごめんね」は必要なのかな??

 

2 「ごめんなさい」と謝る術を教えるのは何故?

 

人としての礼儀として教える。

 

素直に「ごめんなさい」が言える子がえらい。

 

そんな言葉も聞きます。

確かに、大人になってミスをしたときに素直に謝る。

これによって、よけいなトラブルが増えず円滑に進められることもあります。

 

そのためにも、子どもの時から「ごめんなさい」を素直に言えるように教えるのかな??

 

3 「ごめんなさい」ってマイナスが前提だよね?

 

私も「ごめんさい」という言葉は大事だと思うし、大人になってから使います。頻繁に(笑)

 

でも、「ごめんなさい」って

その前提において

・ミス

・失敗

・失礼なこと、相手が不快に思うこと

があります。

 

大人は自分のミスで相手に不快な思いをさせてしまったのなら、素直に謝ることをしましょう。

 

しかし、子ども時代に「教え込むほど」に教える必要があるのか??

に関して疑問が浮かびます。

 

それよりも「嬉しい気持ち」を教えてあげたい。

 

それに元々、子どもは素直です。

なので、「本当に悪いなと思ったら謝ります」

それを大人が「強要するから」言えなくなっている可能性があります。

 

では、どうすればいいか??

 

4 子どもが「嬉しい」と思うことを体験させてあげたい

 

子どもの失敗のミスの度に「ごめんなさい」を教えるより

 

「ありがとう」という言葉をたくさん教えたい。

 

「ありがとう」という言葉は互いに気持ちのいい言葉です。

 

言われた方も「嬉しい」。

そして、言った方も「ありがとう」な事をされたので良い思いをしています。

 

そんな関係をたくさん教えてあげたい。

 

そして、そういう気持ちでいっぱいになれば

相手に嫌な思いをさせてしまった時に、素直に「ごめんね」と言えるようになるのではないかな??と思います。

 

5 まとめ

 

私は子どもに「ごめんなさい」と謝罪を教えるよりも

 

「ありがとう」という気持ちと言葉をリンクさせてあげられるようにしたい。

 

そのためには、

・自身が嬉しい気持ちの体験

・「ありがとう」の気持ちを子どもに伝える

 

これを繰り返していって、子どもに「ありがとう」という言葉と気持ちを教えてあげたい。

 

おわり