たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

育児で「時間が長いな」と思ったら、自分の好きなことを取り入れよう

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20181021113546p:image

ども!ムンタ隊員です。

 

子育て(主にワンオぺ育児)も毎日になると「楽しい」というより「大変」という方が勝ってくるように感じます。

特に「室内(家)」となると尚更。大人の方が気がもたない。

 

 

だって

子どもと遊ぶ→食事を作る(家事をする)→子どもと遊ぶ(または昼寝)→夕食作り

 

の繰り返しなんですもん。特に家だと子どもの注目は「親」

あーーそーーんーーでーー!の繰り返し。

 

んー。気がもたない。外に出てもいいけど

・時間が中途半端

・天気が微妙

・近くに何もない

 

となると尚更、家から出る気がおきない。

先日の私がまさにそうだった。

 

そして、家だと「正直、私が楽しくない」

・・・なら、楽しくしよう!!!

それには、どうする??

 

そういえば先日のブログでPV数が伸びないなら「戦うフィールド」を考えたの記事で「私の褒められた経験」として「製作物を作る」こと。という風に書いた。

 

これを活かしていこう!!

でも、実際に製作物を作ったり、子どもと一緒に作ったら

「時間の進み具合が早かった」ので、良い方法かもしれない。

 

 

1 製作物とを作るときの考え方

 

考える時の基準としては

・子どもが何の遊ぶが好きか

・何が上手になってきたか

・普段やらないものをやる

 

の1つでも良いので、上記のことを考える。

そして、そこから「簡単」に製作できるものはないか??

 

という順番でも良い。

または

 

・一緒にやりたい遊びや製作

を考えて、子どもができる範囲になるように考える。

 

という考えでも良いと思う。

家でやることなので、「簡単」を意識していきます。

 

2 子どもの「意欲」を高めたいなら「実物」を見せる。伝えるときは「擬音」を使う

 

子どもに言葉で「イメージ」を言っても、なかなか伝わりません。

なので、「写真」「実物」のどちらでも構いません。見せましょう!

f:id:muntanote:20181021113039j:image

(見せて)

「これ、一緒につくらない?」

と言った後に、その作るものの「1番の魅力」を伝える。

 

私の場合、「紙コップでロケット」製作をしたので

・ロケット

・ぴょーーんって飛ぶ

 

ということを伝えました。特に子どもには「擬音」が伝わりやすく、イメージをしやすいのでお勧め!

 

うちの子も案の定「やりたい」という返答がすぐに返ってきました。

そして「家の紙コップが品切れ」していたので、ついでに買い物にも一緒に駆り出しに(笑)

 

もし、一緒に「材料」を買いに行く時は、選べるなら「子ども自身に選ばせる」ことも意欲に伝わります。

 

※保育現場であれば「色」や「形」が違うだけでも、子どもたちは「自分で選べる」ので製作物に対して「愛着」がつきやすいです。

 

3 紙コップロケット製作

 

今回は「紙コップ」を使ってロケットを作りました。

 

子どもに活動をしてもらったのは

・色や模様を描く

 

だけです。

2歳児クラス(3歳)にはこの程度でいいです。あくまで「簡単」に。

そして、本来の目的は「自分が作ったもので遊ぶ」ですから。

 

もし、4歳5歳くらいの子であれば

・紙コップの周りに貼る画用紙を貼ってもらう。(両面テープの使用)

・ロケットの周りの装飾を作る

など、やっても楽しそうです。

 

完成したのはこちら

f:id:muntanote:20181021113101j:image

 

飛ばして楽しんだり、ロケットなので飛ばすことを楽しんだりしていました。

 

<紙コップロケット製作のやり方とコツ>

f:id:muntanote:20181021113129j:image

f:id:muntanote:20181021113144j:image

基本は上記の画像通りに作れば大丈夫ですが、いくつかコツを紹介

・紙コップの周りに貼る画用紙を切るときは、紙コップを1つ犠牲にして「断面図」を作ると作りやすいです。

・輪ゴムを「直線」型にすると、紙コップを重ねた時に輪ゴムがずれて、飛ばなくなることも。なので、「×」型にしておくと飛ばなくなるということは減る。

 

4 紙コップがせっかくあるので・・・

紙コップをこれだけのために買ったのも良いですが、何か遊べないか??

 

ロケット以外にも

・顔を描くだけ

・半分(と底の部分)に切る。トンネル完成!

 

ままごともできるし、ミニカーなどでも遊べる。

 

他にも「傘入れのビニール」とストローがあれば

こんなのが作れる

f:id:muntanote:20181021113159j:image

 

あとは、紙コップにキリで穴をあける。

そこに「曲がるストロー」を入れる。その「曲がる」部分が穴にこすれて「音」が出る。これも楽しい!!

 

5 まとめ

 

何だかんだ紙コップの紹介になってしまったが(笑)

 

自分の好きなものや得意なものを育児に取り入れると、育児がより楽しくなる!

 

毎日の育児がマンネリ化している場合、「自分の好きなことは?」を考えて取り入れてみることをお勧めします!

 

 

※もし、何か相談とか提案してほしいことがあれば「問い合わせ」で送っていただければ返信します(゜-゜)

 

おわり