たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

子どもと交わした「約束」!親のあなたは守れていますか?

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20181017183722j:image

ども!ムンタ隊員です(*´Д`*)

 

※今回の記事は日記です。

ちなみにタイトルに書いてある「約束」については3章に書いています。

 

さて、息子が一昨日から頬が赤い。

体調は崩してないので「りんごちゃんかな?」と思ってたら、案の定りんご病になってました!!

 

 

主夫兼業の私が仕事を休み、朝から子どもを病院に連れて行きました。

予約ありで、よく診察してくれる病院に行ったので、自転車で片道15〜20分。

 

行くだけで微妙に疲れます(๑╹ω╹๑ )

その後、乳児医療証を期間の切れたものを持って行ってしまった私。

お陰で、無駄に往復するハメに…

 

再度病院に着いた頃には、少し汗をかいている私(*´Д`*)ハァハァ

 

 

1 りんご病とは何だ!?

 

先程も書いたのですが、頬や腕に赤みが出ている。予想はしてたけど、結果は「りんご病」

 

さて、「りんご病」というのはどういうものなのか?感染症なの?保育園は行ってよいの?

 

結果から言うと

 

病院受診して、医師から「OK」を貰えれば行って大丈夫!

ただし、風邪症状、体調が戻ってるならOK!ということです。(要は赤みがある以外は健康なら大丈夫)

ちなみに登園許可証もいりません。

 

りんご病は感染症ではあるんですけど、頬や手足に赤みや発疹が出てる時には、すでに感染力はないです。

 

感染力がある時期は「風邪の初期症状」とかなり似てます。

咳や鼻水がある。微妙に体温が高い。

 

ただ、この時に「風邪?」「りんご病?」とは判断できないですよね。

保育士の私も無理です。わかりません!!

 

そして、りんご病だった場合、この頃に感染力があるとのこと……

 

_:(´ཀ`」 ∠):区別がつかない!!

 

なので、ほとんどの方が

「病院に行ったら、りんご病だった」

と言われて、おわり。という結末。

 

ちなみに、私の息子もそんな感じです(笑)

 

2  元気なので、散歩へGO!

 

赤みがある以外は、うるさいくらい元気なので、そのまま外遊びをしてきました。

 

最近は、砂場でおままごとにはまっている息子。

 

砂場のある公園に到着!!

砂場で、今日も「カレー」を作るらしいです!

f:id:muntanote:20181017183844j:image

前回のカレーの具材には

・ジャガイモ

・人参

・玉ねぎ

・大量の肉

・しょうゆ   (え?ソースではなく?)

・大根   (ええ?)

が入っていました。

 

今日のカレーは何かな?(๑╹ω╹๑ )わくわく

 

まーぜ  まーぜ  まーぜ

f:id:muntanote:20181017165446j:image

じゅー  じゅー じゅー

 

完成!!

何か入ってるのか聞くと……

こ……これは……

斬新すぎる(笑)

 

しかも、「あんこ」に関しては、家で食べてない………

どういった発想なのか、親の私も理解できません。

 

ちなみに、途中から「コーン」も入りました!

 

言っておきますけど、カレーの具材の基本的なもの(ジャガイモや肉など)は全く入ってません!!

入れようとしたら拒否られました!!

 

もう、「カレー粉」も入っていなさそうな勢いです(つД`)ノ 

 

これで出されたものですから

本当に「ままごと」で良かった(๑╹ω╹๑ )

 

とりあえず「美味しいねー」と言っておきます(笑)

 

そしたら

「まだ、おかわりあるですー(砂場を指して)」とのこと。

 

もう、砂場が「カレー」の鍋の状態です。

 

3  子どもとの約束は守ろう!

 

そろそろお昼ご飯の時間なので、帰りたい。

でも、息子はカレー作りを頑張ってる。(おかわりも用意して)

 

そこで、私からの提案

「もう一回、おかわりを作って食べたら、帰ろうか」

 

息子も「うん」と納得。

 

素直な子だ(๑╹ω╹๑ )と思いながら、おかわりを待ってたら……

 

 

息子「おかわりできたですー」

 

バケツいっぱいのおかわり

山盛り状態でした_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

これは、長引きそう……

 

しかし、こちらから提案をした手前、切り上げられない。

それに、息子なりに考えたのだろう。

 

ということで、付き合いました。

おかわりを食べ終わるのに15分以上かかりましたよ(*´Д`*)お腹いっぱい

 

さて、ここでもし息子に対して

・(早く帰りたいので)そんなにいっぱいは食べれない

・そんなには無理。もっと少なくして(早く帰ろう)

 

と言ったら、どうでしょうか?

息子は「あと1回したら帰る」ということで納得してます。

 

それを大人の都合で、却下されたり破られたりしたら

「大人は約束を守らない」

 

という風に考えるようになります。

しまいには、大人には何を言ったってダメなんだ。言うことを聞かないといけないんだ。

という考えになる可能性だって大いにあります。

 

大人にとっては「言う事をよく聞く良い子」かもしれない。

しかし、それは子どものあるべき姿でしょうか?

 

そうではないはずです。

子どもにだって権利はあります。

それに、大人が約束を破って、子どもには約束を守らせる。これは矛盾になります。

 

将来的にも子どもに約束は守って欲しいなら、まずは大人が守りましょう。

 

そして、子どもなりに考えた結果のことは受け止めてあげましょう。

 

もし、どうしても厳しいなら

・大人がそれなりの約束を考える

・「今度ね」と約束をし、必ず約束を守る

・子どもに、この後の予定で「期待」を持てるような言葉をかける

 

子どもだから

自分の子どもだからと言って、大人の都合で動かしてはいけないです。

 

4 どうしても思いつかない!そんな時は……

 

・モノで釣りましょ!(笑)

 

最終的に「モノ」かよ!!

と思いますが、約束を破るのなら当然だと私は考えています。

もしくは、そのような結果にならない方法を取れなかった大人の負け

 

と言っても

何も「おもちゃ」を買ってあげる。

とかでなくても良いと思います。

 

帰りにスーパーで(安い)ケーキやお菓子を買うのも良し。

テレビが好きで、普段は時間を設けてあるなら、時間の延長をするなど。

 

家庭にあった方法はいくらでもあると思います。

 

私なんかは

「DVD借りて行くか」

を使ったりします(笑)

 

ミニオンズやモンスターズインクなどに興味を持たせて、アンパンマンだけからの選択肢を広げる作戦。

さらに、大人も楽しめますしね(๑╹ω╹๑ )

 

 

約束を守る。ということを教えるのは大人の役目。

子ども同士でも学べますが、まずは大人が見せてあげないとですね(^ ^)

 

そして、何より

子どもは発想力が豊かなので、ありとあらゆる返答をしてきます。

 

これに打ち勝つのは、結構難しいです(笑)

しかし、それを乗り越えないと、いつまでも子どもに負けてばかりになります。

 

子どもにどうやったら勝つか?

これを考えながら対応してくと、また違った見方ができて楽しいですよ(*´Д`*)

 

 

 

おわり