たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

ジブン手帳の「IDEAノート」でバレットジャーナルをシンプルに書く

Hatena

スポンサーリンク

ども!先日からジブン手帳の

「IDEAノート」を使い始めたムンタ隊員です。

 

 ↓↓詳しくはコチラをご覧ください↓↓

www.tanotetyo.com

さて、今回からただ「日記やイラスト用」として使うだけでなく

バレットジャーナルも取り入れていくようにしました。

 

全てを取り入れたわけではなく

今日、やることの「情報整理」という意味で毎日の「TODOリスト」を書くようにしました。

 

 

1 「IDEAノート」にバレットジャーナルの方法を取り入れる

 

先ほど伝えたとおり、

「情報の整理」をするために取り入れていますので、

・フューチャーログ

・マンスリー

などの項目は取り入れていません。

ジブン手帳に書いていますので。

 

バレットジャーナルって何?

という方はコチラの記事をご覧ください

 ↓↓↓

www.tanotetyo.com

 

 

使い方はいたってシンプル!

f:id:muntanote:20180919101421j:image

 

・日付を書く

・TODOリストを書く

・日付をまたぐ時は線を引

 

シンプルでしょ?

本来、バレットジャーナルはこのくらいシンプルで良いと思っています。

 

そして、このTODOリストの下にはメモや日記などを書いていきます。

 

2 ノートに書くことのメリット①「情報の追加」

 

単純に「情報の追加」がしやすいです。

 

例えば、先ほどのTODOリストを朝のうちに考えています。

 

しかし、1日を過ごしていく中で「これもやらないと」というのが出てきます。

 

手帳であれば、「決まった範囲」しかありません。

 

~私の過去のパターン~

 

1 左側に1週間分を記入

f:id:muntanote:20180919155922j:image

もう、週の半ばや後半に追加したくても書けない。

(個人的にこの見た目が好きなんですけどね)

 

 

2 日々の上の場所(本来、睡眠)に記入

f:id:muntanote:20180919155915j:image

この書き方はしばらく行ってきましたが、小さく書くことに疲れた。

 

ただ、この書き方がダメというわけではないです。

 

この書き方のメリットは

「やるべきことの取捨選択をするので計画を立てるのが上手くなる」

というメリットもあります。

 

なので、私にとって合わなかっただけの話しですね。

 

また、この書き方であれば、TODOを無限大に追加できます!!

(そんなにTODOリストを書きたくないが)

 

無限大とはいかなくでも、追加をしやすいのは間違いないです。

 

 

3 ノートに書くことのメリット②「文字の制限がない」

 

個人的な意見になりますが

文字を大きく書けるのが良いですね。

 

大きくハッキリ書くことで

・目立つ

・のびのび書ける

・見やすい

 

狭い所にギュウギュウに書くのも「使っている感」がありますが、見にくくなったので却下しました。

 

4 まとめ

 

いかがでしたか??

 

私の使い方は

「基本的にシンプル!簡単!」を目指していますので

人によっては「これだけ?もっとこうした方が」という意見もあるでしょう。

 

シンプルでも

可愛くても

凝っていても

 

それぞれが「あなたの手帳」

その使い方が、あなたに合っているのであれば、それは「手帳を使いこなしている」こと。

 

使いこなせられるようになれば「楽しく」なります。

 

なので、色んな使い方を試して、自分だけの「手帳術」を見につけていきましょう!

 

ではみなさんも、良い手帳LIFEを!!

 

おわり