たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

手帳を使って、自分の文字を「好き」にする方法

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180919171148j:image

 

ども!元祖、古代文字を書いていたムンタ隊員です

 

今では、手帳に文字を書くことが好きですが、以前の私は

自分の文字が嫌いでした。

 

それを克服するために手帳で練習しました。

 

今も「上手」「大好き」とは言えないにしても

「嫌いじゃない」レベルまで上がりました。

 

最初に結論を言いますが、近道はないです。

練習が全てです。

 

その方法として「手帳」を使用したという話しになります。

 

1 自分の文字を好きになるには「好きな文字を見つける」

 

どんな文字を書きたいですか?

 

と自分に質問した時に「可愛い感じ」

 

・・・・抽象的すぎて、自分でもどんな文字を書きたいか分かりません。

 

なので、どんな文字を書きたいかを具体的に考えましょう。

 

方法としては

・人の文字を見る

・パソコンのコジックなどを参考

・色々なフォントを見る

 

になります。

 

ちなみに私は「フォントを見て」具体的にイメージをしていきました。

 

色々なフォントがあって参考になります。

sitebk.com

 

まずは

具体的に好きな文字を探しましょう!!

 

 

2 好きな文字を真似る

 

先ほども言った通り、あとは「練習あるのみ」です。

 

・文字の特徴を見る

 

丸文字なのか?角ばっている文字なのか?など

 

そこの特徴を見ながら真似てみましょう。

 

もしも、可愛い文字や丸みのある文字が嫌。

 

書類に書けるような正確な字が良いならば、「ボールペン字」などが売っているので、そちらを参考にしても良いかもしれません。

 

ただ、私は「手帳を使うこと」をおすすめします

 

 

3 手帳をおススメする理由「毎日開くものだから」

 

手帳というのは、基本的に毎日書いたり、開いたりするものです。

なので、毎回自分の「文字」を見ます。

 

私にとって、ここが重要で

毎日見るからこそ「好きな文字」を意識して書いていました。

 

だって、毎日見るのに「自分の文字が嫌だな」と思いながら見るのは嫌だったから。

 

そして、予定や日記の文字が下手であると

・見にくい

・読めない

・見返したくない

これだと「手帳」を使っている上で困ります。

 

自分が見返すためにも、見返したくなる文字を意識して書いてきました。

 

結果、「大好き」まではいかなくても「以前よりも好き」にまではなりました。

 

www.tanotetyo.com

 

4 まとめ(文字が好きになったメリット)

 

本当であれば過去の文字を載せたかったのですが

嫌いすぎて過去の文字は捨ててしまったので、ご了承ください

 

 

自分の文字が好きになると

・文字を書くのが楽しくなる

・よって文章も書く

・文章の書き方もレベルアップする

・結果、手帳に愛着が湧く

 

というメリットがあります。

 

自分の好きな文字を書けるようになるまで、練習あるのみですが

 

・好きな文字を見つける

ことが1番の近道だと思っています。

 

みなさんも「自分の文字を好き」になって、手帳LIFを楽しみましょう!!

 

おわり