たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

手帳や育児、ブログをメインにした雑記ブログ

寝る時はベットよりも布団派

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180905153516j:image

 

ども!いまだにTwitterのアカウントの載せ方が分かっていないムンタです!

 

いずれは

 ムンタ(@muntanote)です!!という風にやりたい

 

誰か教えてください

 

 

 

さて、今回は

みなさんの家にあるであろう「ベット」と「布団」についてです。

 

そして、我が家のベットにまつわる諸事情について話していきます。

今回、私の家庭風景が出てきます。

世の中は「川」の字で寝る所を我が家は

「に」の字だったり「コ」の字になることがあります。

 

という割とどーでもいい内容になっていますので、ご期待下さい。

 

 

1 ベットvs布団! 私は布団が良い!でも、家にあるのはベットです

 

もう、私の中で布団の圧勝です。

だって、布団は畳めてスペースを確保できるし、布団から落ちたとしても落差がないので痛くない!

 

もうこれで十分んですよ!

 

では、何故に我が家はベットなのか??

奥さんが妊娠の発覚後に現在の家にきました。

そして、今までは互いに1人暮らし。ベットはシングル。(私は布団)

 

もうこれは購入するしかないな。ということで

ベットか布団かの論争。

妊婦に段差のない布団は起き上がりが辛いので、論争までいかず2秒で私は敗北。

 

セミダブルのベットを購入(当初は赤子はベビーベットという考えでした)

 

2人で寝る分には十分。(再度言いますが、赤子はベビーベットの予定)

 

特に問題はなかったです。

 

生まれた赤子がベットでは全く寝なかったこと以外は!!

 

www.tanotetyo.com

 

3人は少し狭いです。

赤子を隅にするわけにもいかないので。(壁とベットに挟まり窒息するおそれもありますからね)

 

2 私は「ベットから落ちない」技術を身に付けた

 

という名の「慣れ」です。

赤子が生まれてからは私が壁がない方(つまり落ちれます)で寝ていました。

 

この頃は、家族の憧れる「川」の字で寝ていました。

 

たまに踏みつぶさないか心配でベットの隅に行き、そのまま転落もしましたが。

 

現在もそうなんですが、私はベットの隅で寝ています。

どのくらい隅かというと、ベットから手は落ちている状態です。はみ出しています。

たまに床に腕がついています。

おかげさまで、ベットの隅が私の体重の負荷に耐えられずに何か斜めになりかけています。ベットの滑り台状態。そのまま私には「落ちろ」と言わんばかりです。

 

しかし、私は落ちません!!

もう慣れました

 

しかし、子どもが大きくなるにつれて事件が起こります

 

3 川の字から「に」の字へ!たまに「コ」の字

 

子どもが大きくなるにつれて、ベットと壁の間に挟まる心配が減ってきたので、子どもが壁際になることも増えました。

 

それは良いのですが・・・

子どもの寝像!!そして、奥さんが寝かせつけをしたときの寝方

 

↓↓逆「に」の字↓↓

f:id:muntanote:20180905153537p:image

 

足が伸びている時は大丈夫ですが、近い時や奥さんが足を伸ばした時・・・

2、3回くらい蹴り落とされました

 

 

そして

↓↓逆「コ」の字↓↓

f:id:muntanote:20180905153618p:image

 

見た目はさほど変わらないのですが、私のダメージ負担が多いです。

「に」の字と違って「コ」の字はくっついています

つまり、相手の身体の一部が私に乗っかっています。触れています。

 

お陰さまで、私は寝ていても回復をしきれていない状態です。

f:id:muntanote:20180905153622p:image

奥さんはベットじゃないと嫌だというので、私だけでも布団にしたいのですが

そうはさせてくれない始末。

そして、布団にしたところでパパっ子の息子は「布団で寝る」というか「パパ早くきて」と怒られる予想がたちます

www.tanotetyo.com

どうしたらいいものか・・・

 

おわり