たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

自己肯定感が低い人を高める簡単な方法

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180810125007j:image

 

ども!ムンタ隊員です( ´ ▽ ` )

 

先日、奥さんとの会話で

「でも…」

「私の性格上の問題で」

「解決したい…けど、その物事が無くなれば良いと思う」

 

私がどんな提案をしても

全て、返しにくい感じ(否定)で返してくる奥さん。

 

途中からイライラしている自分がいました。

 

でも、ふと思ったんです。

「この会話は成り立ってない」

「この段階じゃない!?」

提案は意味なくないけど、違う!

 

これは……

 

 

自分に自信がないんだ!!

(自己肯定感が低い)

 

そして、会話の切り口を変えて10分ほど話を進めると「話をして、少し自信がついた」と言ってくれた。

 

・自分に自信がない

・自分の存在価値がわからない

 

という人たちに見てほしい。

 

 

1 自己肯定感が低い人とは

 

簡単に言えば、自信がない人です。

 

人の自己肯定感なんて

たった一言で沈むことも這い上がることが可能。

 

「普通」という言葉も一種の暴力だと思ってます。

 


2 自分に自信がないのは何で?

 

「私なんかが…」

「いやー無理でしょー」

と何でもかんでも、やる前から諦めている人が多い。

 

でも、気持ちはわかります。

ある程度、未来が見えそうな気がするのと、身近な周囲の人たちがやっていない。

 

または、「あなたは〇〇できない」

などの言葉。

 

あなた自身が勝手に自信喪失してきた。

のではなく、あなたの周りの環境があなたの自己肯定感を低くしているのも原因。と言っても過言ではないように思います。

もちろん、自分もそれに流されてしまってるのも原因です。

 

じゃあ、もう自己肯定感を高めることができないのか?

 

と言われればそうではなく、先程も言ったように

たった一言。少しの事で低くも高くもできます。

 

そして、自己肯定感を高められたら

自分に自信がついてくる。

 

そうなると、また違った考え方や見方ができるし、何よりも楽しくなる!

 

3 自己肯定感を高める簡単な方法は「自分を褒める」

 

環境や言葉とは不思議なもので

マイナスな考えをしていると

全てのことがマイナスに聞こえたり、感じたりする。

 

だったら、反対のことをすれば良い!

 

プラスなことを言ったり、感じたりすれば、周りの言葉や環境もプラスになり、考えもポジティブになる。

 

そのためには、自分を褒めること。

 

何を褒めるか?

何でも良い。

 

自分が頑張ったな!と思ったことを褒めれば良い。

 

仕事をしてる人であれば

・今日も仕事をしてきた!頑張った!

・〇〇の書類をだした!

 

など、「ん?仕事してるんだから当たり前」と思うようなことでもOK!!

 

些細なことでも自分を褒めよう。

そうすることで、自己肯定感が少しずつ高くなります。

 

自分は「毎日ブログチャレンジ」をしてるので、毎日

・ブログ更新した!

と手帳に書いています。

 

そして、自分を褒めるタイミングは

1日の終わり「寝る前」にすることをお勧めします。

 

4 褒めたことはノートや手帳に書き出す

 

毎日、寝る前に自分を褒めてから寝る。

 

しかし、それも数日すれば

忘れてしまいます。

 

 

それを今度は、手帳やノートに書き込んで、見えるようにしていきましょう。

 

見えることによって

後で見返した時に「あの時、頑張った」と自分のモチベーションを上げるためにも使えます。

 

私も毎日、手帳の片隅に書いてますが、それが一週間、一ヶ月が終わった頃に見返すと

「これだけ頑張った」と自信がつきます。

 

 

5 まとめ〜1歩先へ〜

自分を自分で褒める

 

最初は少し恥ずかしいかもしれません。

でも、毎日続けていくうちに

 

自分が頑張ったことを探すのが楽しくなってきます。

それによって、自信もつきます。

 

そして、ここからは一歩先の話をしていきます。

 

先程、些細なことでも褒める

と言いましたが、「毎日褒める」ことが習慣になったら、「具体的にも褒める」ようにしていきましょう。

 

 

先程の

・仕事を頑張った。

・〇〇の書類をだした。

 

これに加えて

「仕事のどんな所を頑張ったのか」

「頑張った結果、どうなったのか」

 

ということを考えていくと、さらに自己肯定感が高まります。

 

自己肯定感が高まると

自信がついて、周りのとりもつ環境や言葉などが違った見方ができます。

それを良い方向に持っていける力がついてきます。

 

 

おわり