たのてちょう

手帳や育児、ブログをメインにした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

映画館で映画を観ることは「空間」を買っている

広告
Hatena

f:id:muntanote:20180802170833j:image

 

こんにちは。ムンタ隊員です( ゚Д゚)

 

Twitterでも書きましたが、映画館にて

「この世界の片隅に」がやっているんですよね。

 

是非ともこの映画は観ることを勧めます

 

こうゆう映画は、大画面で少しでも「迫力」を感じながら見ると、また色々と心情が沸き上がります。

 

さて、今回の記事は

明日、奥さんと「ジュラシックワールド」の映画を見に行くのですが、その際に奥さんが

「映画って1800円もするんだっけ?高いよね」と言っていました。

 

私からすると映画を映画館で1800円で見れるのは「お手頃」

むしろ「ありがたい」くらいの値段だと思っています。

 

その理由を書いていきたいと思います。

 

1 映画館の大画面で見ることができる

 

映画館ならではのあの画面

みなさん家にありますか??

 

きっと、そうそういないと思います

いたとしたらかなりのレア!

つまみでチャンネルを変えるテレビくらいレア!

 

あの大画面で観る迫力はすごいですよね。

特にSFやアクションなど、鬼気迫るくらいです。

「リング」なんて見たら、今にも貞子が出てきそうなくらいです。

 

もし出たらかなりの「BIG貞子」

 

それも、今は「3D」や「VR」というものがあるので

近い未来実現しそうな感じですね。

 

もし、それで貞子が観れるようになったら・・・・

 

絶対に見に行きません!!

絶叫系のアトラクションは好きだけど、お化け屋敷は苦手!という感じで苦手です。

 

ホラーは好きだけど、映画館での迫力で観たらヤバそう・・・

 

話はそれましたが、あの家では観られない

「大迫力の大画面」で観れるのはうれしいです。

 

2 「映画を観る」だけの空間

 

映画館は当たり前だけど、「映画を観る」ためにあります。

 

あの真っ暗な空間で大画面で見る

さらに座り心地の良い椅子

 

そして、全員が「映画を観る」ことに集中するので

誰にも邪魔されずに静かに見れる空間。

 

なんとも素敵すぎる!!ゆっくりと集中して見られる。

 

そういえば、以前に映画を見にいって、後ろの席にカップルがいたんです。

映画前か話していて、どうやら彼氏は映画を観たことがあるらしい。「ネタばれしないでよ」という彼女。

 

何やらフラグというものが立った気がします。

 

でも、無事に上映が始まりました。

 

そして、しばらく話が進み

おそらく次のシーンは驚くシーンであろう予感。

その予想は見事!!・・・後ろで彼氏が「次の場面でゾンビが出てくるよ」

 

( ゚Д゚)・・・・おい!彼女さん!変なところでフラグ回収するなや!!

もうね。映画は静かに観ましょうね。

もし、ネタバレするならインカムで相手にしか聞こえないように伝えてください。

 

違う意味で驚き、2重に驚きましたよ( ゚Д゚)

 

3 インプットをする空間

 

映画というのは製作者がいます。

ストーリーがあります。

出演者がいます。

 

映画になるくらいです。皆さんプロです。

これをインプットしないでどうします?

 

どこに着目するかは人それぞれだと思います。

例えは

・この話の着眼点は?何を伝えようと作ったのか?

・俳優の表現方法

・魅せる場面の切り替え

色々あるかと思います。

 

これを「この映画、楽しかったね」

の一言で終わらせるのはもったいない気がします。

でも、私もよく「面白かった」という一言を言います(笑)

 

ちょっと映画を観る視点を変えてみると、また違った面白さが味わえますよ!!

 

4 妥当な値段はおいくら?

 

やはり、1800円が私にとっては丁度良いと感じます。

きりよく1500円だとありがたいですが(笑)

 

東京都の最低賃金が、今は「958円」なので

2時間働けば見られますよ。

 

ゲオとか蔦屋で借りればさらに安く見れるけど

自分の興味あるものは、映画館で観ることをお勧めします。

特にアクションやホラーとかね。

 

明日のジュラシックワールドが楽しみだ!!

 

おわり