たのてちょう

手帳や育児、ブログをメインにした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

ブログにおける自分のキャラクター。それはどうやって決める?

広告
Hatena

f:id:muntanote:20180725185932j:image

ども!ムンタ隊長です(゚ω゚)

 

ここ数日のブログ内容が、本当にブレッブレ!

 

いくら

・リライト(修正)がしやすい

・好きに書く!

と言っても、「さすがにダメじゃね?」と感じてきました。

 

そして、同時に

ブログでの自分のキャラって何だ?

ブレッブレキャラか?

 

なので今回は

自分のキャラを見つけるには、どうしたら良いのかを考えていきたいと思います。

 

 

(ちなみに、このブログの中では結果は出ないと思いますので、興味ない方はリターンした方が良いです)

↑書いてて最後の方で結果がでました(笑)

 

 

1 何故、キャラクター(個性)を追い求めるのか?

 

ある程度、世間の中でも

「自分はこんなキャラ」と理解している人はブログやSNSなどでも、それを貫いていると思います。

 

そして、よく考えたら

普通に自分のキャラが分からない

 

もしくは「普通」というキャラクターを自分自身の中で、いつのまにか確立されているのかもしれない。

 

だから、「普通」という枠組みの中から抜け出して、せめてネットでは「キャラクター(個性)」を出したい!

と思っているのかもしれません。

 

2 どんなキャラが考えられるか?

 

3つのキャラクターに分けられると考えてます。

 

・理想のキャラクター

・現状のキャラクター

・マイナスキャラクター

 

① 理想のキャラクター

言い換えれば、「夢を追ったキャラクター」であったり、「なりたい自分になるキャラクター」のこと。

 

なりたい自分を演じるということは、もしかすると「夢を叶える」ための近道の方法かもしれません。

 

よく、夢は口や文字に起こすと叶いやすいと言われていますしね。

 

悪く言えば、背伸びをしている状態。

だから、常に夢と現状を見ながら進むので、途中辛い時があるかもしれないです。

 

じゃあ、やめた方が良いのか?と言われればそうではなく

「自分の夢を相手ありきで伝えていく」方法であれば、自分の為、相手の為なので双方にとって良い関係になります。

 

この内容に関しては、また別記事で書いていきます。

 

② 現状のキャラクター

 

背伸びのいらないキャラ。

自分をとにかく出していく。

 

自分のキャラを理解してる人は、それを出せば良いです。

 

もし、キャラがなければ

・今の職業

・立場(主夫、子育てなど)

をキャラクターとして出していくことも良いかもしれません。

 

発信しやすいキャラだと思います。

「日常」のこと

「気づき」などを伝えていけば良いのです。

 

③ マイナスキャラクター

 

・不幸や失敗を発信

・炎上キャラ

 

失敗は、相手を共感させる1つの手法だと思います。

だって、「成功した話」は人に話しやすいけど「失敗した話」を喜んで話す人って、あまりいないから。

 

ただ、それには

「失敗から学んだこと」を同時に発信していかないと「ただの失敗ばかりの人」という風になります。

 

これはこれで、面白いのかもしれませんが(笑)

 

その他の「不幸キャラ」や「炎上キャラ」は書いておいて何だですが、なりたくないです。

 

内容にしたら

・自分をけなす

・相手をけなす

そんなキャラクターです。

 

そして、怖い事に「1番発信しやすい」キャラでもあります。

 

だって、日々生きてく上で

ストレスや不満って、それなりにあると思います。

それは自分にであったり、相手であったり、社会であったり。

 

だから、生きていく上で必ず発信できるのではないか?と思います。

 

ただ、自分もtwitterで何回か試しに行ってみたんです。

日常の子育てや奥さんに対しての不満やストレスを何ツイートか。

 

そしたら、それは全く相手にされません。(フォロワーが少ないんじゃないの?とか言わないで下さいね(笑))

 

それは、あくまでも

ストレートに不満を出したから。というのも1つの原因だと思っています。

 

ストレスや不満を出すことは悪いことではないと思います。

ただ、出し方が下手なだけ。もしくは正直過ぎる。と言った所でしょうか。

 

ストレスを発信する際に「笑い」に変えたり、もしくは「共感」されやすい様に言葉を選ぶことが大事。

 

それでも、ストレートに発信したいなら、ノートやメモ帳に文字を書くことをおススメします。自分しか見ないので。

吐き出すことには変わりないので、気分は少し軽くなりますよ。

 

3 自分で考えるだけじゃなくて、他人に聞く

 

このブログを書いてる時に思いました。

 

そういえば、先日twitterの中で

「夢をかなえるゾウ」の小説を勧めてくれたフォロワーさんに

 

ムンタは前向き&研究家みたい」と言われました。

 

他人から言われて

自分ってそうゆう風にも見られてるんだ。と感じました。

 

だって、自分では

前向き&研究家なんて思ったことなんてないから。

 

むしろ、後向きの飽きっぽい性格と思っていたくらい(笑)

 

人からそうゆう風に見られるのは

正直嬉しい。

 

なら、そのキャラを自分のものにしてしまおう!(解決してしまった)

 

自分で考えても分からない場合

他人の手を借りることをお勧めします!

 

もし、そのように言ってくれる他人がいなければ、私がtwitterやブログを見て思ったことを伝えます。

 

4 まとめ

 

何もキャラクターを作らないといけない。という話ではありません。

 

ただ、キャラクターがあった方が色々とやりやすいのかな?

と思って書いたに過ぎません。

 

ただ、1つ言わせてもらうと

 

日常に不満があったり

つまらないと思うのであれば

自分のキャラクター探しをお勧めします。

 

だって、ネット上だけでも

キャラクターを出せる場合になれば

それはもしかすると「非日常」になるかもしれないからです。

 

 

おわり