たのてちょう

手帳や育児、ブログをメインにした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

人生を変えるために小さなことを達成していく

広告
Hatena

f:id:muntanote:20180725115505j:image

 

昨日の記事で

「夢をかなえるゾウ」について書き、そこに書いてある課題をクリアしていこうと思います!

 

と言っても、25個+5個あるので

時間はかかりますが(゚ω゚)

 

 

 

1 内容が分かりやすくて、取り掛かりやすい!

 

「人生を変えたいなら

自己啓発で書いてあることや、twitterでのインフルエンサーが言ってるようなことを素直にやれば良いんじゃないの??」

 

というような事を言われそうですが……

 

まぁ、それもそうなんですが。

 

行動力貧乏の自分には、ハードルが高いんですよ(*´ω`*)

 

この「夢をかなえるゾウ」に書いてあることは、中にはハードルが低いものもあり、取り掛かりやすい。

 

そして、何より

この小説を読んだ上で、自分自身が

「やってみたい(゚ω゚)」と思ったのが、最大の理由です。

 

2 課題は合計30個

 

1 くつを磨く

2  コンビニでおつりを募金する

3 食事を腹8分目に抑える

4 人が欲しがっているものを先取りすふ

5 会った人を笑わせる

6 トイレ掃除をする

7 まっすぐ帰宅する

8 その日、頑張れた自分を褒める

9 1日、何かをやめてみる

10 決めた事を続けるための環境を作る

11 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

12 自分が1番得意な事を人に聞く

13 自分の苦手なことを人に聞く

14 夢を楽しく想像する

15 運が良い!と口に出して言う

16 タダでもらう

17 明日の準備をする

18 身近にいる1番大切な人を喜ばせる

19 誰か1人の良い所を見つけて褒める

20 人の長所を盗む

21 求人情報誌を見る

22 お参りに行く

23 人気店に入り、人気の理由を観察する

24 プレゼントをして驚かせる

 

<特別編>

25 ここからの課題を必ず行動にうつすこと

26 やらずに後悔してることを今日から始める

27 サービスとして、夢を語る

28 人の成功をサポートする

29 応募する

30 毎日感謝する

 

3 これを全部行えば、人生が変わる?

 

それを試すための実験でもあります。

 

小説を読んでなければ、意味がわからなかったり、「それ、意味あるの?」というような内容もありますが、試す価値はあります。

 

詳しくは

今後の体験を含めながら書いていきたいと思います。

 

もし、この内容に興味があれば

本を購入することをお勧めします!

 

ちなみに2巻もありますが、そちらも面白い!

2冊で1200円程度なので、オススメです!

「夢をかなえるゾウ」

 

4 今回は「運が良い」口に出して言う

 

単に「運が良い」と言うだけであって、そうではない。

 

最終的には

発明家のエジソンのように

「失敗しても成功した」と思えるような前向きになること。

 

なので、「失敗」や「ハズレ」に対して「運が良い」と口に出すことで運が良い方向へと働きかけてくれるということらしい。

 

さらに根本的な話だと

人の成功というのは「世界を支配している法則」を見つけて法則に合わせて、自分を変えることが大事とのこと。

 

深いですね(゚ω゚)

 

 

5 ベビーシッターという仕事をすることが出来て、運が良い!

 

保育士時代に様々な辛いことはあったけど、「子どもと関わる仕事は続けていきたい」と願いが強かった。

 

そこで色々と探していたら、ベビーシッターという仕事を見つけて今に至る。

 

向いてる、向いてないは今も分からない。

 

でも、保育士時代以上の「達成感」「親近感」そして、「やりたいようにやれている」と感じられることが多い。

違う観点を持てるようにもなり「ベビーシッターに転身できて運が良い!」

 

ベビーシッターという仕事

そして、仕事先であるキッズライン という場所に出会えたことは「運が良い」と思う。

 

少し話は変わるけど、自分はプチ旅が好きだ。

 

1人暮らしの頃は、よく自転車で40〜50㎞くらいを走って、色々と出かけたり、箱根の温泉(さすがに電車)に行ったりしていた。

 

それが、仕事、結婚、育児となるにつれ、それが「出来ない状態」になっていった。

 

ベビーシッターは、一日の中のフルタイムではないことが多い。

(金銭的に考えれば、フルの方がありかたいのだが)

 

そして、電車で都心の方や、今まで降りたことがない駅で降りることが多い。

 

なので、隙間時間に

その町や店を旅することができる。

 

しばらく、子育てや仕事で忘れていたことを思い出させてくれた。

そして、それができる環境にある。

 

これも運が良いことだと思っている。

 

6 最後に

 

もしかすると、私が書いたことは

「ちょっと違うのでは?」になるかもしれない。

 

正直、理解してるかしていないか

自分でも、よくわかっていない。

 

だから、理解できるようになるまで

何事も「運が良い」と口に出してみることにする。

 

 

おわり