たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

手帳が好きで好きでたまらない!何故そんなに好きなの?その理由について語る章

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180719170728j:image

 

 

手帳が続かない。

挫折してるにも関わらず、何故にこんなにも手帳が大好きなのか?

 

とにかく、ここでは「手帳が好き」ということだけを書いていきます。

 

 ~2019.9.13 記事修正~

 

 

 

1章〜自分は普通の村人A〜

 

よく、場を盛り上げられる人とか

話しが上手な人っていますよね。

 

それが私です。

 

………だったら嬉しい。

 

私は平凡な村人Aっていう所かな?

特に当たり障りのない感じです。

 

そんな人間は、人を笑い飛ばしていたりする様子を見ると

(゚ω゚)いいな。

って思うんです。

 

自分の個性って何?

自分って何??

 

どんどん自分の頭の中でグルグルと考えていってしまう。

 

そんな時に出会ったのが、手帳

 

村人Aは手帳を手に入れた。

 

そこから村人Aは、成長していった。

 

 

2章〜手帳は自分(個性)をさらけ出す場所〜

 

手帳を手に入れた。

 

と言っても、何を書く?

 

とりあえず、予定でも書いてみるか。

 

・・・何か予定あったか?

 

じゃあ、書けない?

 

いや、今日の出来事を書いていこう。

それだったら予定がなくても書ける。

 

「今日は、友達の村人BとCとボーリングをしました」

 

・・・つまらない文章だな。

 

 

「今日は村人BとCとボーリングに行った!中々の強豪揃いだ!かなりの接戦だった。どーにか勝てた!!最高225点とか調子よくてワロタww」

 

 

・・キャラがブレブレじゃない?

まぁ、いいか。

 

手帳くらい好きに書かせてもらおう。

 

3章〜手帳を持ってるだけで見栄えが良い〜

 

さて、手帳を書いているものの

周りの環境が殺風景だ。

 

それに家で書いていても、周りには誘惑がたくさん。

 

これじゃ、書けない。

 

場所を移そう。

 

・・・

 

カフェで何か書いてる?ゆっくりしてる?何か大人の雰囲気だな。

 

私もやってみよう。

 

(カフェで手帳を開く)

 

なにこれ?何かカッコいい雰囲気だしてる。

 

カフェで手帳!おしゃれだ。

 

村人Aは賢者にレベルアップした。

 

そのくらい

カフェの雰囲気と手帳がマッチしたという話。

 

場所を変えるって、結構大事なんだな。

 

 

 

4章〜文明の発明!スマホ!〜

 

手帳を書いてる私は

少し大人な気分。

 

しかし、みんなPCだったりスマホだったり……

 

そっちで予定を管理してるの??

 

あー……時代は……文明が……

 

(浮気をするか?)

 

いや。私は紙の手帳が好きだ。

手帳は文章でも、イラストでも思いついたものは、すぐに何でも書ける!

 

それに、手帳は電池がなくなったりする心配はない。

 

そして、カフェと手帳のコラボは強いんだ!

 

色んな書き方を試せて、「楽しい」を味わえるのも好き。

 

何でも書ける

何でもノート。何でも手帳。

 

何でも書ける私だけの秘密のノートみたいな感じだ。

 

それが良いんだ。

 

 

 

5章〜手帳術は自分で作る〜

 

そんな感じで、手帳を書き続けた。

 

もちろん、今でも書き続けている。

 

正直、未だに自分に完璧に合う手帳術には出会ってない。

 

生活環境や仕事環境によって、形が変わるので、おそらく出会っても再び形を変えるんだろうな。

 

でも、それが楽しさでもある。

 

今年に入ってからも

手帳やノート、バレットジャーナルなど

色々と書き方を試してみた。

 

もちろん、今も採用されているものもある。

そうやって、少しずつ自分なりの手帳が出来上がっていくのが楽しくて仕方がない。

 

だから、好きなんだ!

 

おわり