たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

<手帳>継続させるコツ① 使う意味を考え、簡単に書く習慣を身につける

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180529153100j:image

ども!手帳ブロガーのムンタ隊員(@muntanote)です(`・∀・´)

 

手帳を使っている中で1度は経験したことがあるという方も多いであろう・・・

 

・手帳が続かない!空白が多い!

・予定の記入だけで、「手帳は本当に必要なのか?」と考える日がある

 

なのでこの記事では

・出来るだけ簡単に手帳を書くことで、継続させるようにしていく。

 

とういうことについて書いていきます。 

 

1  手帳を継続させることで身につくメリット

 

まずは「手帳を継続することで得られるメリット」について書いていきます。

 

が、ここで質問です。

みなさんは手帳をどのように使っていますか??

 

①予定管理として使っている。

②手帳はあった方が良いという理由だけ

③なんとなく

 

 

 

と、この答えの中で回答している人は正直、もったいないです!!

 

~手帳に書くことで身につくもの~

・同じ失敗を繰り返さない

・ストレス減少

・悩みを減らせる

・夢が明確化する

・夢を叶えるための行動に移しやすくできる

・PDCAサイクルを回せるようになる

・「記録」という資産ができる

・「書く」ことが楽しくなる

・文章技術の向上

・見やすい構成を考える力が身につく

・ライフログで1日の無駄をなくす

・頭をすっきりさせられる

 etc

などたくさんのメリットを上げられます。

 

 

ただ、これら全てを書くと複雑になってしまい

継続させることが困難になります。

 

まずは「継続」させるために「簡単に」書いていくことを意識していきます。

 

 

2  出来るだけ簡単に書いて「継続すること」を目指す!

 

自分の体験談になりますが、継続できない理由で下記のことがあてはまります。

 

~理由~

・書くこと自体が面倒くさくなった

・空白が続いて、書く気がおきない

・人の手帳術を真似しようとして断念

 

 なぜ、継続させることができなかったのか??

 

上記の理由を踏まえた上での答えは

・手帳を使う意味を考えてなかった

・複雑に書いていた

ということに気づいた私。

 

 

3 手帳を使う意味とは何なのか?自分の生活を基準に考えると継続させやすい

 

何かを学ぶためだったり

自分の成長ツールとして書くのも良いです。

 

<関連ページ>

手帳の使い方に悩む。自分の成長を促すための手帳へ!そのためにバレットジャーナルの考え方を取り入れていこう - たのてちょう

 

 

考えてみたけど「はて??」と思う場所は「自分の生活(ライフログ)」を基準に考えると、色々と見えてきます。

 

<関連ページ>

バレットジャーナルで「必要なページ」を考える時は「生活」を基準に考えよう - たのてちょう

 

 

勉強は自分で行動しないと書けないですが、「生活」については極論1日何もしなくても書くことができます。

 

その中から

・自分は何をしてたのか?

・空いた時間は??

 

などの時間が見えるようになると

・無駄な時間が見える

・時間がないと思ってたけど、実は少しずつ(5〜10分ずつ)の時間があったことに気づく。

などの情報が得られます。

 

時間を見つけることができると

「〇〇したい」と意欲が湧いてくるため、生活を基準に考えることをオススメします。

 

 4 ライフログは大雑把、簡単で良いので、毎日書くことが重要

 

ライフログを書く!!

となると、細かく書かないといけないのではないか??と思うかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

大雑把でも構いません。

 

私の場合、ライフログは

・今日の出来事の振り返り

のために書いています。 

 

毎日、ライフログを書きながら、1日を振り返ることで、やり忘れてたものを思い出したり、明日するべきことや反省などを考えています。

 

<合わせて読みたい>

<ジブン手帳>ライフログを書く重要性に気がついた - たのてちょう

 

 

 先ほども言いましたが、大雑把でも構いません。

まずは、毎日書くことを目標として下さい。

 

 おわり