たのてちょう

手帳や育児、ブログをメインにした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

手帳術講座① 手帳を選ぶ時のコツは「お気に入り」を探すこと

広告
Hatena

f:id:muntanote:20180613164155j:image

 

 

手帳術を身につけるにしても、手帳を持っていなえれば意味がない。

なので、ここでは手帳の選び方のコツについて話していきます‼️

 

「もう、持ってるよ」

 

と、その手帳に満足していれば

この続きは読まなくても大丈夫です。

 

ただ、「持ってはいるけど・・」と

何かしらの不満や引っかかるものがあれば、読むことをオススメします。

 

2回目、3回目はコチラ↓↓

手帳術講座② 手帳を使う習慣を身につけよう!その為には「開く」ことと「書く」習慣を身につける - たのてちょう

 

手帳術講座③〜予定の記入のやり方〜 - たのてちょう

 

 

 

1 手帳を選ぶ時のコツは「使いやすい!」よりも「コレだ!」と気に入ったものを持ちましょう

 

このタイトルを見て

「えー?手帳を使うなら使いやすさ重視にした方が良いのでは?」

 

と思う方もいるかもしれません。

 

もちろん、中身も大事ではありますが

常に持ち運んで、毎日開くということを考えると

 

見やすい!

カッコいい!

好き!

 

何かしらのプラスな面があるだけで

毎日手帳を開くという習慣がついていきます。

 

私の体験談になりますが

「この手帳が好きだなー。でも、機能や中身はこっちの方が良いな」

 

と、機能や中身をメインに考えて買った結果・・・・

 

後日、「好きだ」と感じた方の手帳の購入を何回もしたという体験があります。

 

なので

まずは、その手帳を使っていて

1番ワクワクするもの(好きなもの)を購入していきましょう(`・∀・´)

  

 

 

 

2 見つからない場合は「バレットジャーナル 」という手帳術をしてみよう

 

バレットジャーナル というのは

「頭の中の情報の整理」がメインの手帳術です。

  

 

 

www.tanotetyo.com

 

 

 

ちなみにノート1冊とペンで自分で作ります。

本来手帳にあるべき、マンスリーやウィークリーなどのページはありません。

 

言い換えれば、自分で必要なページを足すことができます。

 

私もモレスキンノートで書いていたときには、かなりお世話になりました。 

 

 バレットジャーナルで、いろいろなタイプのもの(マンスリー、ウィークリー、バーチカル)などを試した結果、手帳を選ぶという選択もあります

 

私もバレットジャーナルがとても使いやすかったんですけれど

・バーチカルタイプのものが欲しい

・ジブン手帳を使いたい

・使っていくうちに手帳でよくないか?と思った

 

その結果

バレットジャーナル→ジブン手帳に移行する形になりました。

 

3 おススメの手帳 2つの紹介

 

ここでは、私が使ってきた中でのおススメの手帳を紹介します

私は基本的に「(手帳とノートを)分けて持ち運ぶ」スタイルがなので一緒になっているタイプの手帳を選んでいます。

 

~ジブン手帳~

現在私が使っている手帳になります。

 

便利ポイント

24時間のバーチカルタイプなので「睡眠」時間も書ける

手帳と別冊のノートを一緒に持ち運ぶことができる

・見た目がスタイリッシュでかっこいい

・手帳もノートも方眼タイプ

・予定以外にも様々なリストページがある

 

ちょっと残念

・様々なリストページがあるが、使わないのもある

  →無理に全部使う必要はない。自分の好きなようにカスタマイズすればよい

 

 

 

 

 

 

 

~ほぼ日手帳weeks~

 

便利ポイント

ウィークリータイプなので、1週間見やすい

右側のページはメモ(方眼)なので書くスペースも十分

・サイズが長方形!スーツのポケットに入る。持ち運びが便利

・手帳の後半のメモページ数が半端ない

・右ページを使って日記を書くなど、工夫が様々

デザインが豊富!かわいい!

 

ちょっと残念ポイント

・特にない

 

 

 

 

 

 

以上の2点になります。

ほぼ日手帳は昔、私も使っていました。

デイリータイプは持たなかったけど(笑)

ウィークリータイプは本当に便利でした。ただ、後半からはバーチカルタイプに魅せられていたので、離れてしまったという感じになります

 

 以上で手帳を選ぶコツを終わりになります

 

もう一度言いますが

自分が1番ワクワクするものを使うようにしましょう!!

 

では