たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

手帳の使い方や関連する情報をお届け!

たのてちょう術① 手帳を選びのコツは「お気に入り」を選ぶ

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180613164155j:image

 ども!ムンタ隊員(@muntanote)です

 

第1回目の今回は

「お気に入りの手帳を探そう」

について話していきます

 

おそらくほとんどの人が

「もう、持ってるよ」という状態だと思います。

 

そして、その手帳に満足しているのであれば、この続きは読まなくても大丈夫です。

 

「持ってはいるけど・・」と

何かしらの不満や引っかかるものがあれば、読むことをオススメします。

 

2回目、3回目はコチラ↓↓

手帳術講座② 手帳を使う習慣を身につけよう! - たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

 

手帳術講座③〜予定の記入のやり方〜 - たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

 

1 手帳を選ぶ時は「コレだ!」と気に入ったものを買う

 

見やすい!

カッコいい!

何か好き!

 

の理由で手帳を選びました。

感覚で選んだからこそ

楽しく手帳を使い続けられています。

 

 

私の体験談になりますが

「Aの手帳が好きだなー。でも、機能や中身はBの手帳の方が良いな」

 

と、機能や中身をメインに考えて買った結果・・・・

 

後日、「好きだ」と感じた方の手帳の購入をした経験があります。(4〜5回あった)

 

なので、気になる手帳を手に取り

1番ワクワクするもの(好きなもの)を購入することをオススメします(`・∀・´)

  

 

2 見つからない場合は「バレットジャーナル 」という手帳術をしてみると必要なものが見つかる

 

バレットジャーナルについては、下記で詳しく書いてます。 

www.tanotetyo.com

 

ノート1冊とペンで自分で作ります。

なので、手帳にあるべき、マンスリーやウィークリーなどのページはありません。

 

全て自分で追加していきます

 

なので、自分に合う手帳がわからない場合。

・マンスリー

・ウィークリー

・バーチカル

などを試した結果、手帳のタイプで選ぶという選択もあります

 

私もバレットジャーナルを取り入れた結果

・バーチカルタイプのものが欲しくなった

・ジブン手帳を使ってみたい

という風になり、現在はジブン手帳を使用しています。

 

3 おススメの手帳 2つの紹介

 

私が使ってきた中でのおススメの手帳を紹介します

私は基本的に「(手帳とノートを)分けて持ち運ぶ」スタイルがなので一緒になっているタイプの手帳を選んでいます。

 

~ジブン手帳~

現在私が使っている手帳になります。

 


 

 

〜便利ポイント〜

24時間のバーチカルタイプなので「睡眠」時間も書ける

手帳と別冊のノート(IDEA)を一緒に持ち運ぶことができる

・見た目がスタイリッシュでかっこいい

・手帳もノートも方眼タイプ

・予定以外にも様々なリストページがある

 

〜ちょっと残念〜

・様々なリストページがあるが、使わないのもある

  →無理に全部使う必要はない。自分の好きなようにカスタマイズすればよい

 

 

~ほぼ日手帳weeks~


 

 

〜便利ポイント〜

ウィークリータイプなので、1週間見やすい

右側のページはメモ(方眼)なので書くスペースも十分

・サイズが長方形!スーツのポケットに入る。持ち運びが便利

・手帳の後半のメモページ数が多い

・メモページや右のページを使って日記を書くなど、工夫が様々

デザインが豊富!かわいい!

 

〜ちょっと残念ポイント〜

・特にない

 

以上の2点になります。

ほぼ日手帳は昔、私も使っていました。

デイリータイプは続かなかったけど(笑)

 

ウィークリータイプは本当に便利でした。ただ、後半からはバーチカルタイプに魅せられていたので、離れてしまいましまが…

 

もう一度言いますが

自分が1番ワクワクするものを使うようにしましょう!!

 

おわり