たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

<育児>保育士の3歳になる子どものトイレトレーニング!

こんにちは!ムンタです

育児をしている方の中で、「トイレトレーニング」に悩んでいる方はいませんか??

 

現在、あと1ヶ月ちょいで3才になるにあたり、トイレトレーニングをしている最中です。保育士目線では「ちょっと遅くなったかな?」とも感じますが、トイレトレーニングを進めるのは大人ですが、実際に行うのは子どもなので、根気よくがんばっています

 

 

1、成長するにあたり、いずれは自然とオムツは外れます

よく、親の中で「トイレトレーニングっていつから?」「うちの子は遅い?」という流れから「早くやらないと」「恥ずかしい」と思う方もいますよね?

 

それで、実際に「どうすればよいの?」と疑問に思う・・・

 

はっきりいって、子どもが成長すれば

いずれは取れます!!

 

じゃあ、やらなくていいじゃん?と言えば、そうでもないです

 

オムツで蒸れると湿疹や汗疹、オムツかぶれなどにもなりやすいので、取れるなら取ってしまった方が良いです。

それに、オムツ代もバカにならないですしね

 

ただ、ここで言いたいことは

あくまでもトイレトレーニングは子どもがやるものだから、いくら親があせっても仕方がない!!むしろ、その心の余裕のなさが遠回りになることもあります!ということです

 

2 トイレトレーニングを始める時期

年齢:1歳半~

時期:夏

 

上記はあくまでも目安です。決して年齢だけにとらわれないでください。

 

歩行ができる!安定して座ることができる!簡単なやり取りができる!

トイレに行くまでの歩行ができること

やはり、歩くことができるということは子どもにとっても成長です。

仮にトイレまでの歩行がいまいちの時に「子どもがトイレに行きたがりますか?」

 

安定して座ることも大事ですね。さらに細かく言えば「またぐ」ことができるようになってからです。

しっかりとバランスをとることができないと、トイレに行くために余計な怪我なども・・・・

 

後は簡単な言葉でのやり取りができること!

「ちっちでた?」の質問に「うん」「でた」などの言葉を返すことができることが理想です。

大人からしたら「トイレに行く」が目的だとしても、子どもにとっては「トイレに行けば楽しいことがある」から行くんです。

 

その楽しさとは何か?

大人とのやりとりです。ただ、黙ってトイレを待つ・・・つまらない時間です。(でるかでないかわからないものを)

やりとりができるようになったのだから、たくさん話をしてあげてください

 

3、トイレトレーニングの再開のタイミング(うちの場合)

うちの息子が何故、この時期まで延ばしていたか・・・

 

それは、穴の開いた空間に座り、お尻が浮いているような状態が怖いからだと思っています。

なので、1回は興味本位(2歳になった頃)で座ったものの、2回目以降は「怖い」といって座ろうともしませんでした。

 

「怖い」と感じているものを続けさせるのは逆効果と思い、一度トイレから離れました(好きなアンパンマンのを買ったにも関わらず)

 

そして最近のウチの子どもの様子として、自分でできることが増え、自身を持ってやろうとする姿が見られるので、それをチャンスと思い再開しています

 

そして、「怖い」といっていたので

①トイレに座っている間は手に触れたりして安心感を与える

②「トイレに座る」ことを大いにほめて、褒美シールの導入

③でても、でなくてもほめる

 

この3点のことを取り入れています

 

特に「ご褒美シール」の導入は良かったです。

「シール貼る」と言って、自ら衣類を脱いでトイレに座っています

 

www.tanotetyo.com

 

あとは、とにかく「出来たこと」に対して「ほめる」

やはり、子どもの「やる気を高める」にはもってこいだと思います

 

 

あとは、いっそのこと普通のパンツをはかせてみる

パンツを選ぶ際は子どもが好きなもの。子どもに選ばせてあげてください。

(うちでも現在行っています)

 

単純な考えですが

好きで選んだものは履きたい意欲が高め!つまり「トイレで排尿ができれば、履ける」ことを理解できていれば、意欲が高まる!!

 

あとは、大人からしたら排尿間隔(どのくらいでオシッコがでるのか)が知ることができる。

子どもは濡れた不快感。そして、お気に入りのパンツが塗れたことの残念な気持ち。

 

やはり、子ども自身も濡れた不快感は味わってもらわないと進むに進めませんからね。

きっと今の紙パンツは吸収オシッコを吸収して、不快感はないだろうし。

 

残念な気持ちに関しては、危ないところはあります(もう履かない、濡れてても履く!などのわがまま)

でも、はっきり言って、大人の言葉かけ一つで、どーにかなる問題でもあります

 

 

4、トイレを楽しい空間に!

うちでは、トイレを楽しい空間にするためにトイレの周りにシール(貼ってもはがせるタイプ)を子ども自身に貼ってもらっています。

 

よく「これ、ぼくが貼ったねー」といいながらトイレに座っています

 

最初にも言いましたが、トイレトレーニングを進めるのは親ですが

実際に行うのは子ども自身です!!

 

そして、子どもの意欲は大人の工夫ひとつで高めることができます。

今の自分の子どもがどういう状態なのかをもう一度確認してみてください。

 

そして、どうやったら出来るようになるかを考えてみてください。

 

よく「子どもによって個人差がある」言葉を聞くとは思いますが、本当に個人差です。

何事も他の子や育児書に書いている年齢の発達をみて「うちの子ヤバイ!」なんて思わないでください。

あれらは、あくまでも目安です。遅いから「うちのこ病気?」とか思わないでください。

 

まずは、親のあなたが「余裕を持って接する」ことが大事です

 

 

 

では!!