たのてちょう

ムンタ隊員の雑記ブログ

バレットジャーナルの書き方!簡単な使い方を目指す!

Hatena

スポンサーリンク

f:id:muntanote:20180613161500j:image

 ども!ムンタ隊員(@muntanote)です!

 

現在、バレットジャーナルという手帳術が流行してます。

ツイッターやインスタを見ると、字が綺麗で色鮮やかに複雑に書いてる人が多い(´・Д・)」

 

確かに見た目が良いと見返したくなるけど、継続することが難しい。

私は見た目よりも、続けることの方が大事!!

 

なので、この記事では

・シンプルで!

・楽しく!

・簡単に!

で進めていきます(^ω^)

 

 

 1 バレットジャーナルとは何か?

 

簡単に言えば自作手帳です。

自作手帳と言うと、面倒くさそうな印象を受けるかもしれませんが、いたってシンプルです。

 

そして、作る際に必要なものがお気に入りのノート1冊とペン1本のみ。

 

<合わせて読みたい>

手帳で使ってるペンの色は、心が落ち着く「茶色」 - たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

 

 

そのノートに

・目次

・マンスリーページ

・フューチャーログ(半期分の年間カレンダー)

・毎日のタスク

 

この4つを書くだけです。

細かな内容に関しては、この後に記述していきます。

 

 

2 バレットジャーナルの作り方

書き方は人それぞれです。

ここでは、簡単な書き方や文具を使って作る方法を説明していきます。

 

ちなみに私はモレスキンノートのポケットサイズを使っていました。

 

・マンスリーページ① シールを使った方法

マンスリーページは2パターン作ったことがあるのでご紹介します。

 

まず1つ目

f:id:muntanote:20180104084400j:image

 

左にはマンスリーページ。

右にはその月にやるべきことや予定の詳細を書いています。

 

そして私は、シールタイプのマンスリーを使用しています。

f:id:muntanote:20180104083916j:image

 

 A6サイズ


 

 

B6サイズ


 

 

いくら便利といっても、やはりメリットとデメリットはあります。

 

~メリット~

・「○月」と記載されていないので、いつからでもはじめられる

・マンスリーページを手書きで書く手間が省ける。

・シールの大きさによっては、片方にTODOリストや目標を書くなど工夫しやすい。

・失敗したと思ったら、貼り替えが簡単!

 

~デメリット~

・書けるスペースは大きくないので、色々書きたい人にはお勧めしない。

 (きっとスペースからはみ出す)

 

 

正直、私はモレスキンノートのポケットサイズなので、書くスペースが小さいと感じました。

 

 

・マンスリーページ② 手書き

 

こちら

f:id:muntanote:20180131172144j:image

 

全て手書きです。

 

やはり、こちらにもメリットとデメリットはあります。

 

~メリット~

・丸々1ページ使用しているので、ポケットサイズでも十分に書けるスペースがある

シールなどを貼ってカスタマイズが自由。

 

~デメリット~

・書くのがめんどくさい。

 

書く場合のマンスリーカレンダーの作り方(すごく大雑把)

 

f:id:muntanote:20180904160235p:image

 

1  自分がどのサイズ(縦・横)にしたいか測る

※割り切りやすい数字で考えると作りやすい。

 <例  20cm(4週分)、横35cm(1週間分)>

 

2  そのサイズで4〜5等分(月によって異なる)できるか確認する。

<20cm÷4又は5=(1区切りあたり4cm〜5cm)

 

3  決まったら、その長さで四角を書く

<正方形。長方形にしたい場合、横の長さを長くする(割りやすい数字にすると計算しやすい)> 

 

4  測ったマス目サイズに線を入れてく

 

 

〜ポイント〜

フリクションボールペンで書くと、はみ出した部分を消せるので便利(^ω^)

  

 

~まとめ~

正直、シールタイプの方が簡単だし、見栄えも良い!!

 

 

 

 ・フューチャーログ

 

 フューチャーログというのは(直訳すると)未来の予定です。

 

バレットジャーナルはノートに書いてるので、手帳のようにら12ヶ月分のマンスリーページがありません。

なので基本的には、その月が終わってから、次の月分のページ(マンスリーや週間)を作ります

※例えば「4月」が終わってから「5月」分の記入を書き始める。

 

ただ、それだと2ヶ月後や3ヶ月後の予定を書いておけないのは困る!!

ということで

フューチャーログを作り、予定を把握しておくという書き方をします。

 

バレットジャーナルの本などでは6ヶ月分の予定を書くことをお勧めしています(だいだいノートを使い切るタイミング)。

 

しかし私としては、2~3ヶ月で使いきれる位のノートはお勧めしません。

 

ノートを使い切ることは良いと思いますが、過去の予定や出来事を見返すために、何冊も持ち歩かないといけないのはめんどいです。

 

最初から厚さのあるモレスキンノートなどを購入することをお勧めします。

よほどではない限り、2~3カ月で使い切る。ということはないです。

 

ちなみに、私はフューチャーログを1年分の記入をしてます。

半年分といいますが、1年間の予定を見れる方が自分にとって都合が良かったからです。  

 

f:id:muntanote:20180131173233j:plain

 

先ほどのカレンダーシールを購入すると、中に入っていますが、年間シールを使うこともお勧めします。

 

左ページに貼って、右のページに決まっている予定を書いてもよいと思います。

もし、するのであれば(足りなくなった時のために)+2〜3ページを空けておくことをオススメします。

 

私は、ここのページは家族とのイベントを書いてます。(旅行とか)

そして、その予定の場所にマーカーで色をつけることで、後ほど見やすくしています。

 

~まとめ~

・毎月作るのがめんどくさい場合、最初の24ページ分(1月2Pの計算)に1年分を作ってしまえば良い!

 

 

 ・毎日のタスク

 

 

ここには毎日のタスクを、その日の日付と一緒に書くページ。

ただし、書く時に詳しく書かなくても大丈夫。

 

箇条書きで十分です。

 

とにかく書き出すことで、頭の中が整理されますし、何をするか見えるようになっているだけで、すぐに行動に移すことが可能。

 

 

現在はジブン手帳を使っていますが、この箇条書きでToDoリスト作りは毎日行っています。

 

<合わせて読みたい>

ジブン手帳の「IDEAノート」でバレットジャーナルをシンプルに書く - たのてちょう〜たのしい手帳を目指す〜

 

 

~まとめ~

・日付とやることが箇条書きで書いてあれば、立派なバレットジャーナル!!

 

 

ほかにも記号などがありますが、めんどくさいので書いていません。

 

他にもルールもあるみたいですが

基本的に自分が「これ良いな」と思ったものを取り入れていけば良いと思います。

 

<合わせて読みたい>

バレットジャーナルで「必要なページ」を考える時は「生活」を基準に考えよう - たのてちょう

 

 

3 バレットジャーナルは簡単で良い!

 

現在、本当にいろんな人がネット上に

自分が作ったバレットジャーナルを載せています。

 

本当に凝っている人のは本当にスゴイし、センスが良い(╹◡╹)

 

ただ、所詮は「人は人です(=´∀`)人(´∀`=)」

 

自分は

「何で、バレットジャーナルを書こうと思ったの?」と考えてみてください。

 

他の人に見せるため?

ネットにUPするため?

 

まぁ、そうゆう人は頑張って下さい(笑)

 

私が思うに、ここまで読んでくれている人は

バレットジャーナルで頭の中を整理しつつ、続けたいからだと思います。

 

なので、決してネット上の他の凝っている人のを見て踊らされないで欲しい。

バレットジャーナルの手帳術というのは、頭の中を整理するシンプルな手帳術なんです。

 

~まとめ~

何のために書いているのかを思い出そう!一番は「楽しく続ける」こと

 

 

 

www.tanotetyo.com

 

 

4 お勧めの本

私がバレットジャーナルを書くにあたり、参考になった本です。

 


 

 

シンプルが故に頭の中の情報が整理され、すべて1冊で済ませることができるので、本当に楽しかったです。

 

いかがでしたか?

もちろん、バレットジャーナル は手帳術なので、他の手帳にも考え方を取り入れることが可能です( ̄∀ ̄)

私もジブン手帳で、バレットジャーナル の考え方を取り入れながら書いています。

 

ジブン手帳の「IDEAノート」でバレットジャーナルをシンプルに書く - たのてちょう

 

そして、最近はバレットジャーナルでオリジナルのページを作ったりもしています!

よかったらご参考にどうぞ!

<手帳術>バレットジャーナルで自分だけのオリジナルページを作った!その名も「バーチカルレフト式タイプ」 - たのてちょう

 

 

おわり