たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

あなたの「当たり前」は本当に「当たり前」なの?

 

こんにちは!ムンタです

 

今回は

ブロガーのあんちゃさんの著書「アソビくるう人生をきみに」の中から気になることをピックアップしながら書いていきたいと思います

 

いや、本当にインフルエンサーの人の言葉の重みって違うなと感じられます

 

この本は私にとっての人生のバイブル的な本の1冊です

 

 

 

1、「当たり前」って何なのさ?

この本の中で「小さい違和感」について書かれている部分があります

その文章の中で

多くの大人たちが言う「それくらい社会人なら当たり前」

 

読んでいるときに

ふと「当たり前って何だろう」と思ったので

自分なり思ったことを書いていきたいと思います

 

これが本当の「当たり前」


あたりまえ体操

 

うん!お笑い芸人のcawcawさんが「あたりまえ」についてわかりやすく説明してくれています(笑)

(個人的に好きなので載せてみました)

あたりまえは「体験」「経験」を通すもの

例えば、生まれてきた赤ちゃんに対して

「人間は2足歩行するものなんだ」と言っても「経験がない」のでわからない

 

「この店では、この食べ方が当たり前なのさ」→「初めて来たから知らないよ」

 

このように「未経験者」にとって「当たり前」なんて知ったこっちゃない。

そして、その「当たり前だよ」と言うことを突きつけられて、それを鵜呑みにしてしまう人が多いんです

 

そして、それを受け入れたものが「世間体」というものになるのかな??

 

f:id:muntanote:20180419121151j:image

 

2、社会の「当たり前」とは??

「社会人なんだから残業して当たり前」

「このくらい知っておいて、当たり前」

 

よく聞いた言葉です。

でもね?例えば会社での残業するのは当たり前というのは、ただの風習だと考えています。

だって、会社によっては「残業はない」と言うところもあるわけでしょ?

 

ただ、その会社に「残業」という「風習」を「押し付けられている」だけだと思います

 

また、「このくらい知っていて当たり前」

はその人の考えや想いなんです

そう思うと「当たり前」ではないなと感じます

 

3、結果!「当たり前」って何なのさ?

 

答えは「わからない」です

その時代や社会によって「世間」の「当たり前」が変わるなら

答えは1つではないだろうし、今後も変化していくものだと思います

 

4、今の現状に満足しないで、抜け出しなよ

と言えるほど、「アソビくるう人生をきみに」の本は勉強になります

1歩、自分の殻を破ると「今までとは違った世界」が見える、そして考えられるようになります

 

何も「遊ぶ」が「怠ける」わけではないです

今の時代は「遊ぶ」も「仕事」に変化することも可能なんです

いつまでも、固定概念や社会からの「当たり前」だけを鵜呑みにして生きないでほしい。

きっと、この「残業が当たり前」の社会に入り浸っていると、お金より大事なものを無くしてしまうことになりかねないですよ。

 

 

では