たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

保存版・専用ノートのススメ

どうも!ムンタです

 

文具店に足を踏み入れてしまうと、ついつい何かしら買ってしまうのですよね。

今日はコチラが戦利品!

無地が好みなんですが(笑)50%offということで購入

 

f:id:muntanote:20180227151659j:image

さて、このノートの使い道

今使っているノートがなくなったら、このノートを・・・

なんてことはしません!

気が変わりやすいムンタは無くなる直前まで買わないです

早めに買っても、気分で「違う色がいい」とかなる可能性も無くはないからです

 

では、このノートの使い道は??

そう!タイトルにも書いてある通り「保存版・専用ノート」として活用します

ちなみに、トイ・ストーリーは可愛いので「育児専用ノート」として活用する予定です

 

保存版・専用ノートとは

おそらく、みなさん「ノートや手帳」を使っている人は聞いたことがあると思います

「複数使い」

そう、まさしくコレ!・・・と言っても「めんどくさがり屋」な自分が複数使いなんて継続するわけないです(笑)

なので、ちょっと作り方が異なります(と言っても単純です)

 

専用ノートの作り方

現在使っているノート(ムンタは全ての情報を1冊に集約しています)から、作りたい項目(もしくは、「これは何回も見返したい」ものなどでも)のページを写真(スマホ)で撮ります。

 

そして、私がよく使っているアプリなんですが

「ネットワークプリントサービス(無料)」というものがあります

f:id:muntanote:20180227151710p:image

「ネットワークプリント」と検索したら出てきます。ちなみにiPhone、スマホどちらもあります。

コンビににある印刷機でスマホで取った写真を写真印刷やコピー印刷をしてくれます

ただ、使えるコンビにが限られていますが

・サークルK

・サンクス

・セイコーマート

・セーブオン

・ファミリーマート

・ローソン

 

そこで、そのノートの大きさに合わせたものを印刷して、貼る!以上!

 

簡単!

 

これをその都度でもかまわないし、ノートを替える際にまとめて行うでも良い

と思います

ルールを決める

何でもそうなんですが、自分の中でルールを決めるのは大事です

そうしないと軸がブレてしまうとうことが起こってしまうからです

なので、この専用ノートを作る際にも自分なりにルールを決めてます

 

1 必ず印刷したものを貼る

2 追記したい場合は付箋を使う

3 貼ったものは、どのノートに書いてあったかを記入する

 

とりあえずは、この3点。

まずは1ですが、印刷したものを貼るというルールがブレてしまうと

手書きでも・・となって、ごちゃ混ぜになるし、その内容を移したいと思ったときに移すことができなくなってしまいます。

2に関しては、ただ付箋で書いた方が移動もしやすいし、わかりやすいかな?と思ったからです。

最後に3。これは記入しなくても良いかな?と思ったのですが、どういった場面でそれを思ったのか。記入したのかを知りたくなったときに必要になるなと感じたからです。