たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

1行家計簿で簡単にお金の管理をしよう

こんにちは

ムンタです

前々から、お金の管理をしないとだな

家計簿をつけないと・・・と思いながらも中々続きませんでした。

そんなときに出会った(といっても最近ですが)1行家計簿!

 

このやり方を知ったときには

めんどくさがり屋な自分でも続けることができるのではないか

と思いました

 

 

1行家計簿とは

お金の支出を知りたい。管理したい。

1項目の合計金額を1日毎に記入するんです。

 

従来の家計簿であれば

「食費」「雑費」「交通費」「光熱費」など

さまざまな項目があるわけですが

その中でも、自分が知りたい項目

(私は現在「食費」を記入しています)

その日1日で使った合計金額を記入します

↓↓こんな感じ↓↓

 

f:id:muntanote:20180227151633j:image 

もう、すでに「使いすぎ」と判明してます(笑)

自分はさらに「食費」の項目の中から

「外食費の頻度と金額」

「ダイエー(近所でよく買い物する場所)での購入頻度と合計金額と1回の平均金額」

を調べたかったので、こんな感じに記入しています

 

1行家計簿のメリット

やはり、1項目しかないということで

記入する負担が少ない

そのため継続がしやすいと感じています。

さらに、「今、1番知りたい項目」を選択しているので、他の余計な考えをしなくて済むというメリット。

その項目に関して、今後の改善点も考えやすいですね。

 

デメリット

家計簿をつけるにあたり、ほとんどの人が「全体を把握したい」と考えるでしょう。

自分もそうです。そして、知りたいが故に記入しては挫折を繰り返してます

 

まずは「家計簿をつける習慣」を身につけるために行うので

「全体の把握」に行くまでは時間がかかるとは思います。

ただ、把握したい気持ちはグッと堪えて、1つ1つ解決していくことが将来的にメリットになると思います。

なので、「食費」に関しての記入が習慣化した!なら、もう2~3つ一気に項目を増やそう!なんてことは止めることをお勧めします。

1つずつ項目を増やしていきましょう

 

今後の改善点

先ほどの画像をみていただけれわかると思うのですが

今月分(2月分)を一気に書いてしまっています。

先日書いていて感じたことは、1週間で予定を把握している分、金銭に関しても「1週間毎」に分けていくべきだったなと感じました。

なので、今後(3月~)は1週間毎に分けて「反省」「目標」などを書いていきたいと思います。