たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

感情やその思い!すべてをノートにぶつけてみたら気持ちが和らいだ

 

こんにちは!

ムンタです

 

もう本当、自分が何をやりたいのか、どうしたらよいのかが

わからない!

 

よく、性格診断や適職診断みたいなのをすると

自分を知ることができるといわれるけど

そんなのクソくらえ!(と言いながらも自分もやりましたが)

 

確かにためにはなるし、役には立つ

そして、自分を知れるいい機会・・・・

 

じゃあ、何でクソ食らえとか言うのか?

 

適職と「やりたいこと」が一致するとは限らない

 

自分の適職は「教育関係」が含まれていました

ちなみに現、保育士です

 

やめたいんじゃーーーーー

 

「保育」だけなら、楽しくで子供のことだって色々と考えられる

だけど、それだけじゃない!

保育士の書類と行事の量を侮るなかれ!!

 

しかも、保育(つまり仕事時間)は子供をみている時間

でも、残業はすんなよ(残業代はでますが)

 

いつ、あの大量の書類をやれっていうんじゃ!!

 

・・・・取り乱してしまいすみません

いうなれば、これが辞める原因でもあります

 

あとは、単純に子供がいるから、「自分の子どもだけ見たい」気持ちが強いんです

 

ほかにも「エンジニア」とかありましたが

「HTMLって美味しいの?」

「コードって、コンセントにつながっているもの?」なレベル

よく、出たな!と思います。はじめから、そっちにいってれば、話は別だったかもしれませんが

 

 

ノートの使い方を改める

話はコロっと変わります

現在、バレットジャーナルを作っています

 

 

www.tanotetyo.com

www.tanotetyo.com

 

一冊好きなノートから始められるので、気に入っています

 

で、手帳が長続きしたことがない

ということで、バレットジャーナルにしてからは「書き方」を特に決めないで使っています。

とりあえず、日付とタイトル的なものだけは書いています

 

なので、日記を書いたり

ToDoリストだけだったり

書かなかったり

 

そんな日があります。

そして、今日は自分の思ったことを感情的に書いてみました

↓↓こんな感じ↓↓

 

f:id:muntanote:20180212135545j:image

 

結論!やりたいことを知っているのは自分

書いていて思ったのは、こんな感じです

まだ、具体的な未来などは書いていないですが

この後、書いていく予定です

 

ノートに書いたからといって

必ず結果が見つかる。解決する。というわけではないです

もしかすると、書いていく内に、さらなる課題が見つかることもあると思います

 

でも!!!!

それらは書かなかったら見つからなかった課題かも

 

それに、書いていて思ったのは

タイトルにもあるとおり「自分の思いをぶつけたら気持ちが和らいだ」

ホントこれ

 

自分、口下手だし、こんな内容をぶつけられるような人が傍にいない

(もしかすると反論されるかも)

でも、ノートなら反論もしてこないし、課題を見つけてくれる可能性もある

ホント聞き上手!!

 

そんな風に感じました。

 

 

では!!