たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

ToDoリストを書く日と書かなかった日の差

手帳に書く際に

欠かせない内容って

・予定

・ToDoリスト

は絶対に欠かせない内容だと思います

 

 

ただ、毎日しっかり書く!と決めていても、疲れて寝てしまった∑(゚Д゚)

手帳を開く暇がなかった∑(゚Д゚)

 

なんて時もありますよね

 

 

自分も、バレットジャーナルで毎日ToDoリストを書くようにしていますが、やはり書けずにそのまま仕事に行く事がありました

 

 

ToDoリストを書かない日は何かやり残しがある

 

日々、ToDoリストを見ながら

終わったら線で消すということをやっていますが、書くのを忘れた日は全て頭で考える

 

となると、一日が終わって

さぁ!明日の!

と思った時に

∑(゚Д゚)やべぇ!あれやるの忘れてた

 

なんてことがあります

ってか、ありました(´・Д・)」

 

まだ、思い出したなら良いのですが

忘れたままになって、後日そのことに聞かれた時が悲惨ですね(´・Д・)」

 

じゃあ、あらかじめ書いておくのが良いの?

 

実際、私もそんな風に思ったこともありました(´・Д・)」

 

ただ、前の内容でもありましたが

 

 

www.tanotetyo.com

 

その日に書くのがベスト!なんです

特に自分の場合のように書いて満足しちゃうタイプは、前日か当日に書くことを強くオススメします(´・Д・)」

 

忘れない為の対策

今までしてたことを書いていきたいと思います

 

・付箋にあらかじめリストを書いて、手帳やノートの表紙に貼り出す

 

・ToDoリスト用のファイル(→剥がれない対策のため)を用意し、貼る

 

 

まとめ

 

やはり結論からすると

書くことを忘れない!

書く時間の確保をする

これに限ると思います

 

書く時間を確保することは

時間術にも関係しますし、コントロールもできるのでメリットは多いと思います。ただ、そこまでの習慣化にするのに日を必要としますが(´・Д・)」

 

そこに関しては、また後日に書いていこうと思います(^ω^)

 

では!