たのてちょう

面倒くさがり屋がバレットジャーナル(手帳術)や育児の話、保育士が語る保育の話など、様々なことを話してく

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

子どもへの言葉がけで、悩む親

先程、電車に乗ってる親子の姿を見て

感じたことを書いていきたいと思います

 

 

子どもへの対応。どうすれば良いかわからない!?

 

電車にて

パパに対して泣き叫ぶ、3歳児くらいの男の子

「あっち座りたいよー!うわーーん!」

その他にも

「外が見たい」

「抱っこ」

など、様々な要求を言っていました。

 

 

まぁ、これ全てに対応しよう!

とは思いませんし、それに応えた

「言ったことは全て叶えてもらえる」と思わせてしまう。

 

ただ、それを全部「ダメ」と言っても

子どもは聞き入れてくれません

(場合によっては必要な時もありますが)

 

なので

「外見たかったんだね。でも、(地下鉄なので)外は見れないから、抱っこでもいい?」

そこから、何か話しをすれば

徐々に落ち着いてくるかなと思うのですが(一つの案として)

 

そのパパは、ひたすら無言。

 

ぎゃーぎゃー喚いていても

 

無言。

 

これはないだろ・・と思いつつも

 

扱い方がわからないんだな・・

 

とも感じられました( ゚д゚)

 

パパでしょ?親でしょ?

と思うかもしれませんが、子どもは宇宙人ですww

急に何を言いだすかわからない生き物ですよww

 

ただ、一つ言えるのは

普段、育児をしているのはママなんだなと思ったのも事実。

こうゆう所で、普段

パパがどれだけ、子どもと関わってるかによります。

 

時間がないから、普段関われない!!

と言うのは、ただの言い訳。

疲れているだろうけど、子どもにとって、パパはパパ!

関われる時間を大事にして、子どもと関わっていくべきかなと思います。

 

ただ、それにしても

関わり方がわからないのでは

関われない!

 

ごもっとも!

 

まずは

子どもが言っている事を聞き取ってみて下さい。

ただ、言っていることを聞いているだけではなく、

何を要求しているのか?

それを考えながら聞いてみて下さい。

 

 

先程の電車の親子の話に戻りますが

様々な要求を言っていますが、ほぼ統一性のない要求でもあります。

 

要は、僕のことを見て欲しい!僕の話を聞いて!というメッセージが含まれてることも考えられます。

 

子どもが泣き叫んでいるとき

パパは、子どもの目を見ないでいましたが、途中で折れて抱っこをしていました。(この時も目は合わせず、無言)

そして、子どもが「座るー」と言って、抱っこしたまま座ると対面。

そこから落ち着いていました。

 

もしかすると、子どもなりに

抱っこ→座る=目が合う。もしくはパパとくっつける。

ことを考えていたのかもしれません。

 

だとしたら、子どもが何枚も上手ですね^ ^

泣き叫ぶ→ダメ

なら、他の方法で・・

 

なんですからww

 

 

ただ、あれだけ泣き叫んで

周りに迷惑かけてるのだから、公共の場でのルールを話してあげてもらいまいものです( ゚д゚)

 

 

ポイント!

・子どもの隠れた要求を聞き取るように声を聞く。

 

・子どもの要求を何かしら聞いて、他のを叶えられない要求を我慢してもらう。この時、否定から入らず共感してから、できたい理由を応えてあげて。

この時、全く違う話にすり替えるのもダメ。子どもにとって、違う話なんて、どうでもいいし、話を聞いてくれないという風に思われる。

 

・子どもの顔を見て。

 

・無言はダメ。(よっぽど怒ってる。という意味での無言は良いかなと思います。ただ、時と場所を選んで。)