たのてちょう

面倒くさがり屋が手帳や育児の話を中心とした雑記ブログ

楽しく人生を過ごすために「ワクワク」する手帳作りをする

子育ての悩み!どう声をかけてあげたら良いの??

電車にて

パパに対して泣き叫ぶ、3歳児くらいの男の子

「あっち座りたいよー!うわーーん!」

その他にも

「外が見たい」

「抱っこ」

など、様々な要求を言っていました。

 

ただ、それに対してのパパは無言・・・

 

 

 

 1 子供の隠れた要求を聞いてあげる

 

さまざまな要求を言ってくる子供。

これを全て鵜呑みにしていると体力も精神ももちません。

 

そこで、子供が発している要求は「まとめる」と何なのか?を考えてあげるとよいです

ただ、すごく難しいです

 

心を読むことができる人は簡単かもしれませんが、ほとんどの人は読めませんよね

私も難しいですし、解読できないこともあります

 

 

 

わからなければ「話しかけてみる」

要求を満たすためにはさまざまな情報が必要

なので、わからなければ「話してみて」です

話してみると、子供なりに何かしら「反応」が返ってきます

 

さらに、そこから質問してみたり、反応を見てみる

 

 

 

なので、この場合

「外見たかったんだね。でも、(地下鉄なので)外は見れないから、抱っこでもいい?」

そこから、何か話しをすれば

「反応」が返ってくるのではないかな?と思いました

 

 

 2 子供の扱いがわからない

 

 見ていて、そう感じられました。

え?パパならわかってあげて!と思うかもしれませんが

 

子どもは宇宙人です。こちらが解読するのにも時間と労力が必要なときもありますし

急に何を言いだすかわからない生き物です

 

ただ、一つ言えるのは

普段、育児をしているのはママなんだなと思ったのも事実。

こうゆう所で、普段

パパがどれだけ、子どもと関わってるかによります。

 

時間がないから、普段関われない!!

と言うのは、ただの言い訳。

疲れているだろうけど、子どもにとって、パパはパパ!

関われる時間を大事にして、子どもと関わっていくべきかなと思います。

 

3 結果は・・

 

 

 

 さて、先程の電車の親子の話に戻りますが

様々な要求を言っていますが、ほぼ統一性のない要求でもあります。

 

要は、僕のことを見て欲しい!僕の話を聞いて!というメッセージが含まれてることも考えられます。

 

子どもが泣き叫んでいるとき

パパは、子どもの目を見ないでいましたが、途中で折れて抱っこをしていました。(この時も目は合わせず、無言)

そして、子どもが「座るー」と言って、抱っこしたまま座ると対面。

そこから落ち着いていました。

 

もしかすると、子どもなりに

抱っこ→座る=目が合う。もしくはパパとくっつける。

ことを考えていたのかもしれません。

 

だとしたら、子どもが何枚も上手ですね^ ^

泣き叫ぶ→ダメ

なら、他の方法で・・

 

 

ただ、あれだけ泣き叫んで

周りに迷惑かけてるのだから、公共の場でのルールも話してあげてもらいたいものです( ゚д゚)

そして、そこから会話を増やして、信頼関係を築いてほしいと思います